ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
柏木理佳 とてつもない中国

聖火リレー妨害や不参加は、“面子の国”中国を頑なにさせるだけ

柏木理佳 [生活経済ジャーナリスト]
【第8回】 2008年4月22日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 チベット料理を食べながら感じるのは、中国料理でもネパール料理、インド料理でもない「独特な文化と歴史」が伝わってくることである。チベット自治区には独自の言語、宗教、生活習慣があるが、料理も例外ではない。代表料理は「モモ」。形は餃子に似ているが、チベット高原に住む毛が長い牛科のヤクやマトンの肉が主に使われている。素材を生かし、肉の味やにおいがそのまま感じられる。肉と乳製品を主食にしているチベット人には、このヤクのバターなども欠かせない。

 日本にあるチベット料理店で食事をすると、純粋なチベット料理だけを提供している店は京都の店以外はほとんどない。高原での食事は品数が少なく調達も難しいため、文明国である日本に受け入れられる料理自体が少ないのだ。多くが、ネパール料理と一緒に供され、なかには中華料理とのミックスもある。それだけ隣国であるネパールや中国との交流も根強いことがわかる。

 また日本からチベットへの直行便はなく、中国の四川省の成都などを経由しなければならない。日本人の観光客も増えているチベット鉄道への旅行も、中国を通り訪問する人が多い。観光産業が主な産業となっているチベットでは、今回の問題で観光客が激減したことは、大変痛手となっている。グローバル化が進む中、チベットにとっては中国やネパールなどとの隣国との交流が不可欠なのである。

 「ネパールやインド、中国に囲まれているチベット料理は、最近は中国との交流が盛んになったことで米類などが入手できるようになり多少贅沢にはなった。しかし愛国心、統一国家権力の強い中国に支配される感触は不快である。これを機会に世界の注目が集まればいいと思う」

 チベット料理店の人はいうが、ボイコット運動には参加するのは筋ではないと答えた。

中国にとっては
他国の意見を聞く=面子を潰される

 北京五輪を直前に控え、チベット自治区、ダライ・ラマ14世との対話を求めて、世界中で中国批判が過熱している。

 ダライ・ラマ14世がいう「チベット文化の虐殺」は、中国による弾圧であり、共産主義の象徴である。しかしそれが人権問題と独立問題のことであるならば、中国の国内問題としてとどまることになる。

 ダライ・ラマは、チベット自治区の独立ではなく対話を要請しているという。独立に対しては自分の意図するところではないといいながらも、チベット側の聖火リレー阻止運動の動きを抑えようとしていない。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

柏木理佳 [生活経済ジャーナリスト]

豪州の大学へ進学後、香港にて勤務。1994年、中国の北京首都師範大学漢語科に留学後、シンガポールで会社設立等に携わる。豪州ボンド大学院MBA取得。中国経済の研究員としてシンクタンク勤務後、嘉悦大学准教授。国土交通省道路協会有識者会議メンバーも務める。現在、嘉悦大学付属産業文化観光総合研究所客員主任研究員、北東アジア総合研究所客員研究員、NPO法人キャリアカウンセラー協会理事。2015年、桜美林大学院にて博士号取得。柏木理佳ホームページ


柏木理佳 とてつもない中国

驚異的な成長の中で、社会や経済の歪みを孕む膨張大国・中国。中国経済の専門家が、日本人には驚きの中国の知られざる現状をレポートする。

「柏木理佳 とてつもない中国」

⇒バックナンバー一覧