ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
武器としての投資家思考
【第2回】 2013年3月12日
著者・コラム紹介バックナンバー
藤野英人,瀧本哲史

成長モデルが不透明な時代、
必要なのは「投資家思考」だ!

1
nextpage

独立系投資運用会社のレオス・キャピタルワークスで最高投資責任者(CIO)を務めるファンドマネジャーの藤野英人氏と、京都大学客員准教授として「交渉論」「意思決定論」「起業論」の授業を担当し学生から高い支持を得ている瀧本哲史氏。
対談第2回目は、瀧本氏がコンサルタントとして手がけた日本交通再建の話から、日本の大企業が抱える問題へと発展、そして日本経済再生策へ……

※今回の記事はジセダイ(星海社)のページでも読むことができます。

 

タクシー会社の再建を独立のきっかけに

藤野英人(ふじの・ひでと)
レオス・キャピタルワークス取締役・最高投資責任者(CIO)1966年、富山県生まれ。1990年、早稲田大学卒業後、国内外の運用会社で活躍。特に中小型株および成長株の運用経験が長く、23年で延べ5000社、5500人以上の社長に取材し、抜群の成績をあげる。2003年に独立し、現会社を創業、成長する日本株を組み入れる「ひふみ投信」を運用し、ファンドマネジャーとして高パフォーマンスをあげ続けている。この「ひふみ投信」はR&Iが選定するファンド大賞2012の「最優秀ファンド賞」を受賞した。著書に『日経平均を捨てて、この日本株を買いなさい。』(ダイヤモンド社)、『投資家が「お金よりも大切にしていること』(星海社新書)ほか多数。明治大学講師、東証アカデミーフェローも務める。
ひふみ投信:http://www.rheos.jp/
Twitterアカウント:twitter@fu4

藤野 瀧本さんはもともとマッキンゼーでコンサルタントをされていて、独立後に日本交通の再建を手がけられたんですよね。日本交通は、今ではタクシー業界大手4社の中でも断トツの存在です。

 僕はタクシーに乗ると、よく乗務員さんに「お客さんのうち、降りるときに『ありがとう』と言う人はどれくらいの割合ですか?」と聞いてみるのですが、日本交通のタクシーに乗る人は「ありがとう」と言う割合が高い。

 これはおそらく、日本交通のサービスのホスピタリティが高いことと、あいさつを大切にする人が日本交通を選んで乗っていることの相乗効果による傾向ではないかと思っています。

 これは、すごいことですよ。僕自身、時間があってタクシーを選べる時は、いつも日本交通に乗っているんです。瀧本さんから見て、日本交通が再建によって大きく変化したのはどんな点ですか?

瀧本 いろいろありますが、基本はタクシーを「拾われる」ものから「選ばれる」ものにしたことです。お客さんから日本交通を選んでもらえるようになるには、乗務員に「いいサービスを提供してお客さんから評価してもらおう」という意識を持ってもらう必要があります。

 もっとも、タクシーというのはいい意味でも悪い意味でも一期一会ですから、乗務員にとって接客を適当にすませるインセンティブが非常に高いという問題がある。それでも、私たちはタクシーでもブランディングは可能だと考えました。

 実は昔、私自身が日本交通のタクシーに乗ったとき、乗務員の人から「到着まで時間がかかります、お声かけしますからお休みになってはどうですか」と言われたことがあったんです。私が「なぜそんなふうに気配りをされるんですか」と尋ねると、その方は「日交だからですよ」と。「日交は業界ナンバーワンの会社で、お客様からも『日本交通なのだから』と言われることが多いんです。ですから、日交にふさわしいサービスを提供しようと思っています」と言うんです。

 もちろん日本交通のすべてのスタッフがこうした考えを持っていたわけではありませんが、顧客と一部の従業員の間には“日本交通ブランド”が存在していたんですね。

 私は、これをちゃんと広げればかなり強いブランドが作れると思いました。ほかのタクシー会社ではまず考えられない現象でしたから、差別化要因にできると考えたんです。

藤野 つまり、日本交通の過去を観察し、そこに資産が眠っていることを見つけたわけですね。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
まいにち小鍋

まいにち小鍋

小田真規子 著

定価(税込):本体1,100円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
簡単で安くて、ヘルシー。ポッカポカの湯気で、すぐにホッコリ幸せ。おひとりさまから共働きのご夫婦までとっても便利な、毎日食べても全然飽きない1〜2人前の小鍋レシピ集!「定番鍋」にひと手間かけた「激うま鍋」。元気回復やダイエットに効く「薬膳鍋」や、晩酌を楽しみたい方に嬉しい「おつまみ鍋」など盛り沢山!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


藤野英人(ふじの・ひでと)

レオス・キャピタルワークスCIO(最高運用責任者)
1966年、富山県生まれ。90年早稲田大学法学部を卒業。国内、外資系運用会社を経て2003年8月レオス・キャピタルワークスを創業、CIO(最高運用責任者)に就任(現任)。中小型・成長株の運用経験が長く、ファンドマネジャーとして豊富なキャリアを持つ。現在、運用している「ひふみ投信」は4年連続R&I優秀ファンド賞を受賞、さらに「ひふみ投信」「ひふみプラス」を合わせたひふみマザーファンドの運用総額は600億円を超えている(2015年6月現在)。ベンチャーキャピタリストであり、自身がファウンダーでもあるウォーターダイレクトを上場させ、現取締役。 また東証JPXアカデミーフェロー。明治大学商学部兼任講師。主な著書には『投資家が「お金」よりも大切にしていること』(星海社新書)ほか多数。

瀧本哲史(たきもと・てつふみ)

京都大学産官学連携本部イノベーション・マネジメント・サイエンス研究部門客員准教授。エンジェル投資家。東京大学法学部卒業。東京大学大学院法学政治学研究科助手を経て、マッキンゼー&カンパニーにて、主にエレクトロニクス業界のコンサルティングに従事。内外の半導体、通信、エレクトロニクスメーカーの新規事業立ち上げ、投資プログラムの策定を行う。独立後は、企業再生やエンジェル投資家としての活動をしながら、京都大学で教育、研究、産官学連携活動を行っている。全日本ディベート連盟代表理事、全国教室ディベート連盟事務局長、星海社新書軍事顧問などもつとめる。著書に『僕は君たちに武器を配りたい』(星海社)、『武器としての交渉思考』(星海社新書)。

Twitterアカウント: twitter@ttakimoto


武器としての投資家思考

「自分には思考のための武器が必要だ」と感じる学生が急増中!そんな将来に不安を抱く人におすすめの京大の准教授と辣腕ファンドマネジャーの異色対談。学生から高い支持を得ている、京都大学客員准教授、瀧本哲史氏と、驚異の成績を上げている「ひふみ投信」を運用するファンドマネジャーの藤野英人氏。実は共通項が多いこの2人が初めて顔を合わせ、若者への「投資家思考」の大切さを説く!

 

「武器としての投資家思考」

⇒バックナンバー一覧