ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
inside Enterprise

キヤノンの業務用ビデオカメラ
英BBC納入で狙う次の一手

週刊ダイヤモンド編集部
2013年3月12日
著者・コラム紹介バックナンバー
シネマEOSは1 月の国際家電見本市「CES」でも、玄人筋の注目を集めた
Photo by Hiroyuki Oya

 「これが“あの国営放送”が目を付けたマシンか」──。

 1月上旬、米国ラスベガスの国際家電見本市「CES」のキヤノンブース。関係者の間でひそかに注目が集まった製品がある。同社が2012年1月に販売を始めた業務用ビデオカメラ「シネマEOS」シリーズだ。

 シネマの名を冠することからわかるように、メーンターゲットはハリウッドに代表される映画業界。だが、発売から1年。思わぬ上客が現れた。「BBC(英国放送協会)が数十台単位で購入した」(業界関係者)というのだ。12年の売り上げは当初予測の5割増を達成。地域別では、欧州の販売成績がトップになったそうだ。

 シネマEOSは、同社のデジタル一眼レフカメラの技術をベースに開発され、動画撮影に特化した製品だ。現在は6機種あり、価格は55万~230万円。キヤノンの一眼レフカメラ用のレンズを利用できることも特徴だ。

 開発に当たり映画監督やカメラマンなどへの聞き取りを重ね、「持ちやすさや操作感、画質など、映画業界の声を徹底的に反映させた」(キヤノン幹部)。

 そのカメラに目を付けたのが、BBCだ。高い画質はもちろんのこと、小型で持ち運びやすく、さまざまなアングルで撮影可能なため、インタビューなど報道現場での使い勝手がよいと高評価を得ているという。

 キヤノンは、放送用カメラに搭載するレンズは手がけているものの、カメラ本体はソニーやパナソニックの牙城。シネマEOSの採用を契機に、カメラ本体も手がけることができれば、保守点検も含めた新たなビジネスが広がる。

 シネマEOSは国内でも映画やCM、テレビドラマの現場で採用され始めている。13年は前年比で5割増の売り上げを見込む。

 キヤノンの御手洗冨士夫会長兼社長も、2月末の経営方針説明会でシネマEOSを紹介し、「将来有望な事業のつぼみが育っている」と胸を張った。はたしてキヤノンを支える新たな柱になれるか。

 (「週刊ダイヤモンド」編集部 大矢博之)

週刊ダイヤモンド

関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


inside Enterprise

日々刻々、変化を続ける企業の経営環境。変化の中で各企業が模索する経営戦略とは何か?『週刊ダイヤモンド』編集部が徹底取材します。

「inside Enterprise」

⇒バックナンバー一覧