ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
山崎元のマネー経済の歩き方

時価評価停止の議論へのツッコミどころ

山崎 元 [経済評論家・楽天証券経済研究所客員研究員]
【第31回】 2008年5月8日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 サブプライム問題の影響が拡大し続けて、ついに金融機関が保有する証券化商品の時価評価を見直すべきだという議論が、外国から聞こえるようになった。

 保有する証券化商品の時価評価額が下落すると、金融機関の自己資本が傷み、信用が収縮し、そのことによって、さらにまた証券化商品の価格が下落するという負のスパイラル効果が働く。

 また、住宅ローン関係を中心として、証券化商品の現在の取引価格は、その商品が本来持っているはずの価値よりも低い評価である可能性が捨て切れない。一時的に安いだけなら、これを決算に反映させたくないという気持ちを、金融機関の経営者が持っても不思議はない。

 時価評価を甘い方向に見直したいという誘惑は、金融機関の経営者にとって確かに存在する。

 しかし、株主、投資家、銀行であれば預金者のような顧客にとって、金融機関が時価評価を回避しているという状況には、強くネガティブなメッセージ効果がある。

 かつてのバブル崩壊後の日本の銀行でも、今回のサブプライム問題で深刻な損失を抱えた外国の金融機関でも、株主や預金者のような外部の人びとは、個々の金融機関に対して、「これくらい損を抱えているのだろうか」という一定のイメージを持っている。

 ここで、金融機関が自社に関する情報を隠すことの意味を考えると、外部の人びとが抱いている自社への「イメージ」よりも、自社の「実態」のほうが悪いのでなければ、隠す意味がない。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

山崎 元 [経済評論家・楽天証券経済研究所客員研究員]

58年北海道生まれ。81年東京大学経済学部卒。三菱商事、野村投信、住友信託銀行、メリルリンチ証券、山一證券、UFJ総研など12社を経て、現在、楽天証券経済研究所客員研究員、マイベンチマーク代表取締役。


山崎元のマネー経済の歩き方

12社を渡り歩いた資産運用の現場に一貫して携わってきた視点から、「資産運用」の方法をどう考えるべきか懇切丁寧に説く。投資家にもわかりやすい投資の考え方を伝授。

「山崎元のマネー経済の歩き方」

⇒バックナンバー一覧