ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
田中秀征 政権ウォッチ

被災地の瓦礫から防潮堤をつくる
「森の長城プロジェクト」を応援しよう

田中秀征 [元経済企画庁長官、福山大学客員教授]
【第174回】 2013年3月14日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 3月11日は大震災から丸2年。新聞・テレビは大がかりな特別企画を組み、2年間の復興実績を検証し、多くの反省点も浮き彫りにした。

 3.11特集報道に共通していたのは「決して3.11を風化させてはいけない」という強い呼びかけであった。

 しかし、3.11は風化するにはあまりにも大きな出来事。確かに、仕事や生活に追われる多くの人にとって、常に3.11に優先することがあるのは当然。だが、決して忘れているわけではない。原発問題1つとっても、デモに参加する人たちが少なくなったからと言って、原発容認に変わったわけではない。むしろ脱原発への決意はさらに固まってきていると思う。

細川護熙元首相が理事長
「瓦礫から防潮堤をつくる」試み

 さて、風化させないための最も有効な方法は、言うまでもなく、われわれ1人ひとりが、積極的、具体的に復興に参画していくこと。

 そのためには民間が行っている多くの復興事業や活動に関わっていくのも1つの道であろう。

 私は財団法人の「瓦礫を活かす森の長城プロジェクト」の活動に大きな期待をしている。

 これは、細川護熙元首相が理事長、その道のプロである宮脇昭横浜国立大名誉教授が副理事長を務めて、既に大きく動き出している。

 この事業は簡単に言うと、瓦礫を活用して東北の海岸に万里の長城のような防潮堤を築くというもの。

 青森県から福島県までの海岸300キロに高さ30メートルの植林した土堤を15年から20年をかけて築くのが最終目標だ。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

田中秀征 [元経済企画庁長官、福山大学客員教授]

1940年長野県生まれ。東京大学文学部、北海道大学法学部卒業。
83年、衆議院議員初当選。93年6月、新党さきがけ結成、代表代行。
細川政権発足時、首相特別補佐。第一次橋本内閣、経済企画庁長官。
現在、福山大学客員教授、「民権塾」塾長。


田中秀征 政権ウォッチ

かつて首相特別補佐として細川政権を支えた田中秀征が、期待と不安に溢れた現政権の動向を鋭く斬り込む週刊コラム。刻一刻と動く政局をウォッチしていく。

「田中秀征 政権ウォッチ」

⇒バックナンバー一覧