ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
岸博幸のクリエイティブ国富論

ライオンズ球団が埼玉から消える日

岸 博幸 [慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科教授]
【第220回】 2013年3月15日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 上場目前まで再建を進めてきた西武HDと、最大株主である米国ファンドのサーベラスとの対立が新聞などで大きく報道されています。サーベラスがTOBで株を買い増し、重要決議事項を拒否できる1/3以上の持ち株比率を確保して、西武HDに対する影響力を高めようという話です。

西武HD VS.サーベラスは
ダイエー騒動の再現?

 これを見て思い出されるのは、今から10年前、小泉政権で不良債権問題が山場を迎えていた頃のダイエー騒動です。

 当時、ダイエーの福岡3事業(ホテル、ドーム球場、ショッピングモール)について産業再生機構入りの動きがあり、この3事業と不可分のホークス球団の行方が大きな話題となりました。結局、ダイエーはこの3事業を外資系ファンドに売却することで産業再生機構入りを回避しました。ところがこのとき、ホークス球団については、事実上それを食い物にするような密約が、球団を直接保有できない外資系ファンドと、形式的に球団を継続保有するダイエー本体との間で結ばれていたことが、後に新聞でスクープされたのです。

 結局、ホークス球団の危機的状況は、翌年、皮肉にもダイエー本体が産業再生機構入りした直後、産業再生機構と政府関係者のイニシアティヴで球団を速やかにソフトバンクに売却することで回避できました。私自身、その過程を目撃しているのですが、こうしてホークス球団の福岡フランチャイズは守られたのでした。

 今回の西武HDの場合、外資系ファンドはTOBによる株の買い増しとともに、元金融庁長官の五味氏などを新たな取締役として受け入れるよう要求しています。ちなみに、先週段階で、金融機関筋や政府筋からは「外資系ファンドの代理人弁護士が、将来的には現社長を交代させることを視野に五味氏を取締役として送り込む趣旨のことを金融機関のトップに言って回っている」という噂も聞こえてきました。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

岸 博幸 [慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科教授]

1986年通商産業省(現経済産業省)入省。1992年コロンビア大学ビジネススクールでMBAを取得後、通産省に復職。内閣官房IT担当室などを経て竹中平蔵大臣の秘書官に就任。不良債権処理、郵政民営化、通信・放送改革など構造改革の立案・実行に関わる。2004年から慶応大学助教授を兼任。2006年、経産省退職。2007年から現職。現在はエイベックス・マーケティング株式会社取締役、エイベックス・グループ・ホールディングス株式会社顧問も務める。

 


岸博幸のクリエイティブ国富論

メディアや文化などソフトパワーを総称する「クリエイティブ産業」なる新概念が注目を集めている。その正しい捉え方と実践法を経済政策の論客が説く。

「岸博幸のクリエイティブ国富論」

⇒バックナンバー一覧