ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
社会人必携!最低限知っておきたい法律知識

匿名掲示板への気軽な書き込みが名誉毀損に!
その時、投稿者はどうやって身元を割り出されるのか

【第15回】 2013年3月19日
1
nextpage

昨年末時点での個人普及率が79.1%と、身近な存在となったインターネット。中でも「2ちゃんねる」に代表される匿名掲示板は、本名を知られることなく気軽に自分の意見を表明できる場として、根強い人気がある。しかし一方でその「気軽さ」故に、容易に名誉毀損を生みやすいという面もある。もし被害者が名誉回復を求める行動に出たら、投稿者はどのようにして割り出されていくのか。その経緯を解説する。(弁護士:最所義一 協力:弁護士ドットコム

決して完全に「匿名」ではない匿名掲示板
ある日舞い込んだ一通の書面には……

 「ある日突然、『発信者情報開示に係る意見照会書』と書かれた書面が、私が契約しているインターネットプロバイダから届きました。書面には『貴方が発信されました、次葉記載の情報…』と記載され、請求者に弁護士の名前が書かれています。

 確かに、私はある掲示板に投稿しました。ですが、書き込んだのは匿名掲示板のはずです。なぜ、私が書き込んだことが分かったのでしょうか。その書面には、『損害賠償請求権の行使のために必要』とも書かれていますが、私は訴えられるのでしょうか……」

 ごく平凡なサラリーマン、N氏からの相談だ。今日、インターネットは誰でも自由に自分の意見を発表できる身近な存在になっている。インターネットのおかげで、誰でも気軽に自分の意見を発表できるようになった。しかし、その一方で、「気軽な」意見発表が「気軽な」名誉毀損を生み出しているという現状がある。

 掲示板やブログでの「気軽な」表現が、後々、取り返しのつかない重大な結果を生じさせてしまう。その経緯について説明しよう。

投稿者を特定する最初のステップ
「発信者情報開示請求」とは

 なぜ、N氏が書き込みを行ったことが判明してしまったのだろうか。掲示板で書き込みを行った場合、その書き込みが、いつ、どこのプロバイダを経由してなされたかについての情報(アクセスログ)は、掲示板の運営者が把握している。名誉毀損表現がなされた場合、委任を受けた弁護士は掲示板の運営者に対して、送信防止措置(「削除」)を依頼するとともに、プロバイダ責任制限法4条1項に基づき、発信者情報の開示を求めることになる。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
ビジネスプロフェッショナルの方必見!年収2,000万円以上の求人特集
ビジネスプロフェッショナルの方必見!
年収2,000万円以上の求人特集

管理職、経営、スペシャリストなどのキーポジションを国内外の優良・成長企業が求めています。まずはあなたの業界の求人を覗いてみませんか?[PR]

経営課題解決まとめ企業経営・組織マネジメントに役立つ記事をテーマごとにセレクトしました

クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


社会人必携!最低限知っておきたい法律知識

日本全国の4000名以上の弁護士が登録する法律相談ポータルサイトである「弁護士ドットコム」との共同連載企画。同サイトには、さまざまな相談案件が持ち込まれます。その数20万件以上!離婚、交通事故、債務整理は定番で、痴漢えん罪や地域住民同士のトラブル、企業関連の紛争、なかには「えっ! そんなことが!」と驚く内容も多く寄せられています。本連載では、ビジネスマンが普段の生活で直面するであろうテーマを取り上げ、実際に「弁護士ドットコム」に寄せられた相談内容を紹介しながら、最低限、知っておくべき法律知識を紹介、解説します。

「社会人必携!最低限知っておきたい法律知識」

⇒バックナンバー一覧