ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
ダージャリスト・石黒謙吾の 「科学するダジャレ」~地アタマが良くなる知的メソッド

ダジャレが作りやすい外国語の語感は凸凹した印象
中近東、ロシア、韓国、フランスなどが“一軍”

石黒謙吾 [著述家・図考師]
【第26回】 2013年3月26日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

構想9年!?
外国語のダジャレ親和性

 連載開始当初から書きたい書きたいと思いながら寝かせていたテーマ、今回吐き出します。なぜ出していなかったかというと、もっとアカデミックにいろいろな外国語の構造を研究してからと意気込んでいたからですが、深遠な課題すぎて手が回らずそこまで深めるのはライフワークにしようと。この場の読者の方々ならむしろ面白いはずの、実例盛り込みのライトな論述で進めましょう。

 詰め切っていないとは言えこの考察は『ダジャレ ヌーヴォー』を刊行した2004年から考え始めたので、それでも9年間、折に触れ考えてきたテーマです。

 結論方向からざくざくっと、フランクおおざっぱに言うと、以下の国の言語は日本語と絡めてダジャりやすい。これはあくまで僕の肌身感覚なので、統計的に表せはしないのですが。

 中近東やアフリカの各国語、ロシア語、韓国語あたりが特にそう感じるので一軍。続く二軍としては、北欧圏の言語、フランス語、イタリア語、スペイン語、ポルトガル語、ドイツ語など。あ、世界中という感じもしてきますが(笑)、英語、中国語あたりはさほどそのように感じません。この要因を僕はこう捉えています。

 ★★「発音として凸凹しているかどうか」★★

 ゴツゴツ、ゴリゴリした感じ。また、飛んだり跳ねたりした印象。あるいは、ブチブチと切れ切れなたイメージだったり。とにかく、さらっとしていないほうが耳に残るんです。音にフックがあるとでも言いましょうか。あとで実例で解説していきますね。

 英語は流れすぎている感じなんですね。全体を通してのことですから、個々にはもちろんフックのある言葉もありますが。「いやそんなこと言っても、あなた自身、英語でたくさんダジャレ作品作ってるではないですか!」という指摘が飛んできそうなのでそれについて説明します。そもそも、日本では英語に触れる回数が多言語に比べて圧倒的に多い。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

石黒謙吾 [著述家・図考師]

いしぐろ・けんご/1961年金沢市生まれ。映画化もされたベストセラー『盲導犬クイールの一生』をはじめ、『2択思考』『エア新書』『分類すると地アタマが良くなる』『ダジャレ ヌーヴォー』など、硬軟取り混ぜ著書多数。チャートを用いて構造オチの笑いに落とし込む「図考師」としての著書に『図解でユカイ』が。プロデュース&編集の書籍も幅広いジャンルで200冊を手がける。野球とビールと犬と笑いを愛する。全キャン連(全国キャンディーズ連盟)代表。
■ブログ=イシブログケンゴ
著書・編書一覧


ダージャリスト・石黒謙吾の 「科学するダジャレ」~地アタマが良くなる知的メソッド

40年間の蓄積から導き出した、ダジャレの記号学的構造解析。「ラップもダジャレだ!」ダジャレ界に革命を起こした伝説の書『ダジャレ ヌーヴォー』の著者であり、ダージャリスト、ダジャリエの石黒謙吾が、クリエイティビティの高い知的な言葉遊びをアカデミックに解説。助詞・助動詞を含めてはいけない、かかりの深さ、母音列&子音列の基本活用、差し替え・加減・倒置など構造の14分類、B面という考え方、遠回りの妙、知的なラリー……。単なるお笑いネタとは一線を画す内容は、地アタマを良くし、スマートなコミュニケーション力も。バカなやつほど「さむ~い」、デキルやつは「クール!」

「ダージャリスト・石黒謙吾の 「科学するダジャレ」~地アタマが良くなる知的メソッド」

⇒バックナンバー一覧