ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
対談 漂白される社会
【第5回】 2013年4月22日
著者・コラム紹介バックナンバー
開沼 博 [社会学者],和合亮一

権威で後退させられた詩人としての直感
自分のモノサシで等身大の違和感を伝えたい
【詩人・和合亮一×社会学者・開沼博】

1
nextpage

原発立地地域のフィールドワークで注目を集め、最新刊『漂白される社会』(ダイヤモンド社)では、売春島、ホームレスギャルといった「見て見ぬふり」をされる存在に迫り続ける社会学者・開沼博。そして、東日本大震災を機にそれまでの自分を捨て去り、「詩の礫」としてTwitterでありのままを紡ぎ始めた詩人・和合亮一。
対談第2回は、第一人者としての権威に縛られる葛藤から、裸の自己を取り戻すまでへと話は深まる(全3回)。

Twitterで知った感情のうねり

開沼前回の最後『詩の礫 起承転転』(徳間書店)では迷いが書かれていると仰っていました。その「迷い」っていうのは具体的にどんな迷いなんですか?

和合 いろいろあるんですけど、例えば、5月末くらいからデモが始まりましたよね。僕は参加していませんけど、福島でも、毎週デモが行われているんです。

開沼 福島県庁の近くで行われている…。

和合 そうそう。そのときにある方から「和合さんデモに出ますか?デモに出るならぜひ取材したいんですけど」と連絡がありました。また、ある団体からは「反原発集会をやるんですけど、詩の朗読をしてくれませんか?」という連絡がきたこともあります。

 僕は『ふるさとをあきらめない』(新潮社)というインタビュー集を作ったときに、現地に行って話を聞いています。もちろん、僕の態度としても原発を認めてはいませんが、そこには東電でお父さんが働いているという子どもがいっぱいいるんですよ。彼らはそれで心を痛めています。

開沼 原発の近くで暮らす人たち、子どもたちからはそういった話をよく聞きますね。

1968年、福島市生まれ。現代詩人として活躍しつつ、国語教師として高校の教壇に立つ。第1詩集『After』で第4回中原中也賞受賞。第4詩集『地球頭脳詩篇』で第47回晩翠賞受賞。2011年3月11日の東日本大震災以降、ツイッター上で詩を投稿し、『詩の礫』(徳間書店)、『詩ノ黙礼』(新潮社)、『詩の邂逅』(朝日新聞出版)を3冊同時刊行。これらの作品は「つぶてソング」「貝殻のうた」他、楽曲にもなる。最新作『詩の礫 起承転転』(徳間書店)を2013年3月に刊行。
オフィシャルウェブサイト:http://wago2828.com/
Twitter:@wago2828

和合 そんな話をいろいろ聞いたこともあり、僕はニュートラルに発言したいと思っていました。先日も産経新聞のインタビューで、「ニュートラルな立場から、原発を認めないと言っていきたい」と語ったんですけど、読者からは「がっかりした」とTwitterに書かれもしました。

 原発は基本的に認められないけど、お父さんが東電に働きにいっている浜通りの子どもたちも父親のことを心配して、心を痛めているんです。

開沼 そうですね。

和合 デモについてtweetをするとRetweetが普通のRetweetとまったく違うんですよ。開沼さんはTwitterをされていますか?

開沼 一応やっています。基本的に告知しか行いませんが。

和合 普段の10倍くらいのリアクションを感じます。7月1日に大飯原発の再稼働が決まったとき、21時の起動をめがけてのデモがすごかったんです。そのとき、僕は青山で講演していました。講演が終わっていつものように打ち上げをしていて、ネットニュースを見たらすごいことになっている。妻からも電話がありました。「ネットがすごいよ」と。

 その日も21時からtweetを始めているんですが、すごかったですよ、Retweetのリアクション。そのときに思ったのは、デモに参加している人・できる人もいるけど、参加していない人もみんな感情のうねりを持っているんだなと。Twitterを通してそういった気づきがあり、Twitterを続けていこうという励みもそこで生まれました。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
まいにち小鍋

まいにち小鍋

小田真規子 著

定価(税込):本体1,100円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
簡単で安くて、ヘルシー。ポッカポカの湯気で、すぐにホッコリ幸せ。おひとりさまから共働きのご夫婦までとっても便利な、毎日食べても全然飽きない1〜2人前の小鍋レシピ集!「定番鍋」にひと手間かけた「激うま鍋」。元気回復やダイエットに効く「薬膳鍋」や、晩酌を楽しみたい方に嬉しい「おつまみ鍋」など盛り沢山!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


開沼 博(かいぬま・ひろし) [社会学者]

1984年、福島県いわき市生まれ。東京大学文学部卒。同大学院学際情報学府修士課程修了。現在、同博士課程在籍。福島大学うつくしまふくしま未来支援センター特任研究員。専攻は社会学。学術誌のほか、「文藝春秋」「AERA」などの媒体にルポ・評論・書評などを執筆。
著書に『漂白される社会』(ダイヤモンド社)、『はじめての福島学』(イースト・プレス)、『「フクシマ」論 原子力ムラはなぜ生まれたのか』(青土社)、『地方の論理 フクシマから考える日本の未来』(同、佐藤栄佐久との共著)、『フクシマの正義 「日本の変わらなさ」との闘い』(幻冬舎)『「原発避難」論 避難の実像からセカンドタウン、故郷再生まで』(明石書店、編著)など。
第65回毎日出版文化賞人文・社会部門、第32回エネルギーフォーラム賞特別賞。

 

和合亮一(わごう・りょういち)

1968年、福島市生まれ。現代詩人として活躍しつつ、国語教師として高校の教壇に立つ。第1詩集『After』で第4回中原中也賞受賞。第4詩集『地球頭脳詩篇』で第47回晩翠賞受賞。2011年3月11日の東日本大震災以降、ツイッター上で詩を投稿し、『詩の礫』(徳間書店)、『詩ノ黙礼』(新潮社)、『詩の邂逅』(朝日新聞出版社)を3冊同時刊行。これらの作品は「つぶてソング」「貝殻のうた」他、楽曲にもなる。最新作『詩の礫 起承転転』(徳間書店)を2013年3月に刊行。
オフィシャルウェブサイト:http://wago2828.com/
Twitter:@wago2828

 


対談 漂白される社会

売春島、偽装結婚、ホームレスギャル、シェアハウスと貧困ビジネス…好奇の眼差しばかりが向けられる、あるいは、存在そのものが「見て見ぬふり」をされる対象に迫り続ける社会学者・開沼博。『漂白される社会』の刊行を記念して、人々を魅了しつつも、社会から「あってはならぬもの」とされた対象やそれを追い続ける人物と語り合うことで、メディアでは決して描かることのない闇の中に隠された真実を炙り出す。

「対談 漂白される社会」

⇒バックナンバー一覧