ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
デジタル流行通信 戸田覚

安売りに歯止めがかからない!
米国家電量販店「崩壊の現場」

戸田 覚 [ビジネス書作家]
【第75回】 2009年5月11日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
Fly's
今回取材した「Fly's」は、アメリカの超有名な家電量販店で、テレビからセキュリティ用品まで何でも揃っている。

 5月にアメリカへ出張してきた。ついでと言っては何だが、家電量販店を回って“現場”をチェックしてきた。

 すでにご承知の方も多いと思うが、アメリカの量販店はとにかくデカイ。たとえば、秋葉原のヨドバシカメラは相当大きな家電量販店だが、“広さ感”はあまりない。土地が狭い日本では、店舗が縦に伸びているからだ。

 ところが、アメリカには恐ろしいほど土地がある。

 日本の家電量販店は、ターミナルの中心部に立地して多くの集客を狙っている。もちろん、地域によってはロードサイド店もあるが、品揃えはターミナルにある旗艦店にかなわない。

 ところがアメリカでは、アップルストアなどの特殊な例を除くと、中心部に家電量販店はない。少なくとも、大型の家電量販店は皆無だ。「誰もが自家用車で家電を買いに出かけるのが前提」であり、当然ながら店も駐車場も徹底的に広いのである。

 と言っても、体育館を想像すると間違いで、感覚的には「サッカー場より広い」と言っても大げさではない。特に通路の“ゆったりさ”は日本とは大違いだ。だが、陳列の仕方もまったく違う。

 たとえば、ビデオカメラの売り場は、日本の大手量販店では7~8メートル程度の棚1本に全商品が並んでいる程度だ。アメリカの量販店では、同じ長さの棚が3~4本ある。だが、じっくり見てみると、日本より品揃えが多いわけではない。展示がスカスカなのだ。

 日本では、ビデオカメラを並べる際には、ほとんどくっつかんばかりに「所狭し」と並べられている。しかし、アメリカの量販店では、1台ずつの感覚がかなり離れているのだ。

 その理由は、棚の下を見るとよくわかる。なんと、そこに“在庫”があるのだ。ケースには鍵が掛けられているのだが、棚がメッシュになっていて中が見える。お客に「在庫の有無を自分で確認させる」というわけだ。

 ビデオカメラばかりではない。テレビやPCなどの大物以外は、全ての家電の在庫が、その場に置かれている。つまり、この巨大な売り場は、倉庫も兼ねているというわけだ。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

戸田 覚[ビジネス書作家]

1963年東京生まれ。ビジネス書作家、コンサルタント。株式会社アバンギャルド、有限会社戸田覚事務所代表取締役。ハイテク、パソコン、成功する営業のコツ、新商品開発、新事業開発といったテーマを中心に、執筆、出版プロデュース、講演、コンサルティングに携わる。ビジネス誌、パソコン誌、情報関連雑誌をはじめとして多数の連載を抱える。
著書に『あのヒット商品のナマ企画書が見たい!』『プレゼンの極意を盗め!』(以上、ダイヤモンド社)、『すごい人のすごい企画書』(PHP研究所)、『仕事で使える!クラウド超入門』(青春出版社)、『LinkedIn人脈活用術』(東洋経済新報社)など多数がある。
著者ブログ:http://www.toda-j.com/weblog/
株式会社アバンギャルドHP:http://www.avant-garde.jp/


デジタル流行通信 戸田覚

PC、携帯、家電、ウェブ、ITサービス、ITソリューションなど、デジモノ&IT全般にかかわる最新トレンドを、ビジネス作家・戸田覚が毎回鋭い視点でレポートしていくコラム。

「デジタル流行通信 戸田覚」

⇒バックナンバー一覧