ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
「超」入門 学問のすすめ――明治維新と現代日本に共通する23のサバイバル戦略
【第9回】 2013年5月9日
著者・コラム紹介バックナンバー
鈴木博毅

「剣術型上司」と「鉄砲型上司」
変化の時代に必要なのはどっち?

1
nextpage

激変する時代には、旧来の価値観に縛られる上司は無用となる。「剣術型の上司」は、自身の経験値をモノサシにして部下を指導。「鉄砲時代の上司」は、現状把握や広い視野を部下に伝えることで指導する。幕末明治期の大転換期に書かれた『学問のすすめ』から、変化の時代のリーダーに必要な3つのポイントを読み解く。

あなたは、部下や周囲に
情熱を与えることができていますか?

 情熱を持ちにくい時代だと言われています。

『現代語訳 学問のすすめ』(ちくま新書)を書いた齋藤孝氏は、巻末の「解説」で現代の若者は「ミッション」(情熱を持って取り組める使命や役割)を持つことが難しい時代にあり、社会において自分のポジションや心の安定をなかなか得ることができないと述べています。

 大きさの大小にかかわらず、社会や世間において何らかの役割を見つけ、自分が情熱を持って取り組める「ミッション」の存在。

 明治大学の教授である齋藤氏の指摘からも、若者が大学卒業前後までに自らのミッションに出会うことが稀な時代であることがわかります。

 福沢諭吉は『学問のすすめ』で、人は物事に接していないと活力を得ることが難しい、と述べています。小さくても大きくても、社会や周囲の人間と接点を持っていることが人に活力を生み出し、生き生きとした毎日を送るための重要な要素だということです。

 スマートフォンなどの通信機器の発達で、人に直接会ってコミュニケーションを取らなくても、希薄な接続感は持つことができ、物事に接する機会は逆に減少していきます。

 学生時代は付き合う相手も含めて自由に日常を選択ができるのですが、社会人になればそうはいきません。「仕事」という共通目標の達成のため、ある意味では強制的に周囲と接触し、コミュニケーションを取る必要に迫られるからです。

 傾向として、会社の新人研修やOJTで新人の基本的なやる気を引き出すこと、周囲との当たり前の意思疎通など、以前に比べ教えるべきことが増えているのは事実でしょう。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
自分の時間を取り戻そう

自分の時間を取り戻そう

ちきりん 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
生産性は、論理的思考と同じように、単なるスキルに止まらず価値観や判断軸ともなる重要なもの。しかし日本のホワイトカラー業務では無視され続け、それが意味のない長時間労働と日本経済低迷の一因となっています。そうした状況を打開するため、超人気ブロガーが生産性の重要性と上げ方を多数の事例とともに解説します。

本を購入する
著者セミナー・予定
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


鈴木博毅 

1972年生まれ。慶応義塾大学総合政策学部卒。ビジネス戦略、組織論、マーケティングコンサルタント。MPS Consulting代表。貿易商社にてカナダ・豪州の資源輸入業務に従事。その後国内コンサルティング会社に勤務し、2001年に独立。戦略書や戦争史、企業史を分析し、ビジネスに活用できる新たなイノベーションのヒントを探ることをライフワークとしている。顧問先には顧客満足度ランキングでなみいる大企業を抑えて1位を獲得した企業や、特定業界で国内シェアNo.1の企業など成功事例多数。日本的組織論の名著『失敗の本質』をわかりやすく現代ビジネスマン向けにエッセンス化した『「超」入門 失敗の本質』(ダイヤモンド社)は14万部を超えるベストセラーとなる。その他の著作に、『企業変革入門』『シャアに学ぶ逆境に克つ仕事術』(日本実業出版社)、『戦略の教室』(ダイヤモンド社)、『「空気」を変えて思いどおりに人を動かす方法』(マガジンハウス)、『実践版 孫子の兵法』(プレジデント社)、『この方法で生きのびよ』(経済界)、『君主論』(KADOKAWA)などがある。

 


「超」入門 学問のすすめ――明治維新と現代日本に共通する23のサバイバル戦略

歴史的名著は国家存亡期に書かれた「革命の書」だった――。『学問のすすめ』が実現させた、日本史上最大の変革「明治維新」から転換期を生き抜く方法を学ぶ。140年前と現代に共通する、個と国家の「成功の本質」とは?

「「超」入門 学問のすすめ――明治維新と現代日本に共通する23のサバイバル戦略」

⇒バックナンバー一覧