ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
伝え方が9割
【第7回】 2013年5月17日
著者・コラム紹介バックナンバー
佐々木圭一 [コピーライター/作詞家/上智大学非常勤講師]

団塊の世代がしてきたコミュニケーションでは、
限界だと感じ始めている
【姜尚中×佐々木圭一】(前編)

1
nextpage

前作『母-オモニ-』から3年ぶりの長編小説『』を上梓したばかりの姜尚中氏と、『伝え方が9割』が2ヵ月で25万部を突破するベストセラーとなっている佐々木圭一氏。「団塊の世代がしてきたコミュニケーションでは限界を感じ、みんなが伝わらないことを意識し始めたのではないか」というポイントから話は始まりました。(構成・井上健太郎 写真・小原孝博)

コミュニケーションのあり方を模索している時代

 僕もこれまで大学で教えたり、テレビに出たり、自分自身を「伝える人」だと思っていたんですが、佐々木さんの『伝え方が9割』を読んで、目から鱗が落ちる部分がたくさんありました。阿川佐和子さんの『聞く力』が売れたこともそうだし、今、多くの人がコミュニケーションのあり方を模索している時代なんだと思います。

 この本には、どうやったら人にうまく自分の気持ちを伝えられるのか、というテクニックが具体的に書いてある。それがたぶん、今の時代に合っているんでしょう。ここに書いてあるのはすべて、佐々木さんがふだんの仕事の中で実践していることですよね?

佐々木 はい。僕が実践しているポイントだけを書いているので、自分の中から湧き出たものだけを入れています。

 もともと僕の両親は、あまり人に伝えるのが得意ではなくて、僕もそれを受け継いでしまったんですね。父は理系で、システムエンジニアの仕事をしていて、しかも転勤族。転校すると、言葉が違うというだけで注目されたり、笑われたり。人と話すことが怖くて、家でゲームばっかりやっているような子どもでした。

 やっぱりそうでしたか。この本を読んでいて、佐々木さんにはおそらく、「ノマド的なところ」があるんではないかと感じていたんです。

 「ノマド的」というのは簡単にいえば、ひとつの場所に定住していないということ。僕のように田舎に長くいた人間は、土地に対するアタッチメントが強いから、定着農民的な発想をします。僕は、高校を卒業してからやっとノマド的になって、東京に出てきてから10ヵ所以上住まいを転々としたり、海外にも行きました。そうすると、自分の持っていた、ひとつの型にはまっていないと不安だという性質が崩れていく

 ノマド的ではない人には定型化されたパターンがあって、コミュニケーションの仕方についても、お互いにわかるだろうというふうに考えます。そういう人からは、この本にあるような発想は出てこないし、具体的なノウハウを文章化するなんていうことは、なかなかできないと思ったんです。

 ある意味で、この本は、グローバル化の流れに合っているんでしょうね。グローバル化というのは、ノマド的なところがありますから。この10年くらいで、日本の社会もずいぶん変わってきたでしょう?

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
まいにち小鍋

まいにち小鍋

小田真規子 著

定価(税込):本体1,100円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
簡単で安くて、ヘルシー。ポッカポカの湯気で、すぐにホッコリ幸せ。おひとりさまから共働きのご夫婦までとっても便利な、毎日食べても全然飽きない1〜2人前の小鍋レシピ集!「定番鍋」にひと手間かけた「激うま鍋」。元気回復やダイエットに効く「薬膳鍋」や、晩酌を楽しみたい方に嬉しい「おつまみ鍋」など盛り沢山!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


佐々木圭一(ささき・けいいち) [コピーライター/作詞家/上智大学非常勤講師]

上智大学大学院を卒業後、博報堂を経て、株式会社ウゴカスを設立。新入社員時代、もともと伝えることが得意でなかったにもかかわらず、コピーライターとして配属され苦しむ。ストレスから1年で体重が15%増、アゴも無くなる。あるとき、伝え方には技術があることを発見。そこから伝え方だけでなく、人生ががらりと変わる。初めての著書『伝え方が9割』は、64万部のベストセラーとなり、2013年ビジネス書年間ランキング1位(紀伊國屋書店新宿本店調べ)、年間ベストセラー単行本2位(2013年ビジネス書部門/日販・トーハン調べ)となる。カンヌ国際広告祭でゴールド賞を含む、3年連続受賞。米国の広告賞One ShowDesignで日本人初ゴールド賞受賞。AdFestでゴールド賞受賞。AIMアワードでグランプリ受賞。トリンプ「天使のブラ」、コーセー「FASIO」などヒットCMを数々制作。郷ひろみ・Chemistryなどの作詞家として、アルバム・オリコン1位を2度獲得。トヨタ自動車、楽天、大塚商会、東武鉄道、ユー・エス・ジェイ、小林製薬、プルデンシャル生命、ソニー生命保険、東京大学、上智大学などで150回以上の「伝え方が9割・講演」を行う。メディア出演は、NHK「ゆうどき」、日本テレビ「世界一受けたい授業」、テレビ朝日「お願い!ランキング」、フジテレビ「ネプリーグ」、TBS「ひるおび!」、テレビ東京「FOOT×BRAIN」、BS朝日「ポップメイカー」にてMC、「an・an」連載など多数。「日本のコミュニケーション能力のベースアップ」のために、精力的に活動している。佐々木圭一公式サイト: www.ugokasu.co.jp Facebook:www.facebook.com/k1countryfree  twitter:@keiichisasaki


伝え方が9割

伝え方にはシンプルな技術があります。
本連載では、著者が膨大な時間とトライ&エラーで導き出した方法論のエッセンスをご紹介します。
この方法論を使えば、料理のレシピのように、誰でも強いコトバをつくれるようになります。是非、本連載のエッセンスを仕事やプライベートに活用してください。

「伝え方が9割」

⇒バックナンバー一覧