ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
起業人

「タッチパネル」一点突破で急成長
「情報」を武器に業界の間隙を突く
タッチパネル研究所社長 三谷雄二

週刊ダイヤモンド編集部
【第94回】 2009年11月18日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
三谷雄二
タッチパネル研究所社長 三谷雄二(撮影:和田佳久)

 「タッチパネルのことしかやらない。その代わりタッチパネルのことなら、できることはなんでもやる」。タッチパネル研究所は、その名のとおりタッチパネル関連の部品や材料、製品の開発・販売で急成長を遂げている企業である。

 タッチパネルはいまや、ATMや携帯電話、ゲーム機など日常の至るところに浸透しているが、同社は「大企業ではできないこと」に注力、成果を上げている。特に、航空機の客席に備え付けられるモニター用のタッチパネルでは、世界シェア1位を誇る。「少量多品種なうえに、ものすごくスペックにうるさい。大手ではやれない」典型的なニッチ分野である。

 社長の三谷雄二は、もともと帝人で「透明導電性フィルム」の開発に従事していた。約30年前のことだ。これを使ったタッチパネルの事業化に取り組んだが、パソコンもまだ普及していない時代。市場はなきに等しい状態で思うようにいかず、事業は他のメーカーに移管された。三谷も同時に移籍したが、そこでもやはり採算面でうまくいかず、結局辞職した。

 三谷は、自ら会社を立ち上げた。確たるビジョンがあったわけではなかった。「それしかやることがなかったし、タッチパネルのことならなにかできそうな気がした」。

 だがその後、タッチパネル市場は急拡大し、会社は見事にその波に乗った。「ラッキーだった」と三谷は振り返るが、運だけでうまくいくはずはない。成長の背景には、他と一線を画するユニークな立ち位置と、それを実現した“先見の明”がある。

技術指導で取引先開拓
ファブレスで無理なく成長

 現在、収益面で中心になっているのは、台湾や中国のタッチパネルメーカーへの部品・材料の輸出である。

 このビジネスが立ち上がったそもそものきっかけは、三谷が台湾の企業に技術指導を行なったことだ。最初のメーカーは、小さな広告でタッチパネル研究所を見つけ、依頼してきたのだという。そこから口コミで評判が広がった。指導したなかには、いまや台湾で第2位のメーカーになったところもある。それらメーカーとのパイプは、同社の大きな武器だ。

 材料や部品といった「“川上”は行き尽くした」結果、今後は“川下”へのビジネス拡大を狙う。タッチパネルを組み込んだモニターや一体型パソコンなどの販売である。「さらにモニターにソフトを組み合わせれば、受付システム、券売機システム、監視カメラシステムなど、いろいろなおもしろいことができる。膨大なマーケットが出てくる」。

 この場合も、台湾や中国で部品や製品を生産し、輸入するのが基本だ。輸入した品は、タッチパネル研究所で検査を行ない、場合によってはさらに付加価値をつけて販売する。設計自体は、三谷が行なうこともある。

次のページ>> 最大の武器は「情報」
1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


起業人

先達の苦難の道のりには、汗と涙に彩られた無数のドラマがある。そして、起業家達の苦闘の中には明日への成功のヒントとノウハウが凝縮されている。

「起業人」

⇒バックナンバー一覧