ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
知らないと恥をかく ビジネスメール文章術
【第2回】 2013年5月21日
著者・コラム紹介バックナンバー
中川路亜紀 [コミュニケーション・ファクトリー代表]

「させていただく」禁止令?うっかり使ってしまう失礼な表現は?今さら人に聞けないメールのマナー!

1
nextpage

巷ではよく指摘される「言葉の乱れ」。しかし、それは本当に「間違った」日本語でしょうか?部下や後輩に指摘する前に、きちんとこの連載で確認しておきましょう!

「させていただく」禁止令!?

 「~させていただきます」はおかしな敬語であるという意見があります。これが拡大解釈されていて、よいものも悪いと言われる傾向がありますが、文化庁の「敬語の指針」によれば、次のような場合には、適切とされています。

1. 相手側や第三者の許可を受けて行うようなこと
2. そのことで恩恵を自分が受けるという事実や気持ちのある場合

具体的には…

○ そちらの会場を使わせていただくことになりました。
→これは、1. 2. を明らかに満たした普通の使い方。

× ご利用をお待ちさせていただきます。
△ 会議資料を送らせていただきます。
○ 会議資料をお送りいたします。

一番上は、文法的にまちがい。「お(ご)~させていただく」という敬語の用法はない。「お待ちしております」が正しい。二番目は文法的にはまちがいではありませんが、業務上、当然送るべきものを送る場合には、上の1. 2. にあたらないので「お送りいたします」でよいです。

○ 頒布会のご案内を送らせていただきます。
○ 頒布会のご案内をお送りいたします。

相手が送ってほしいかどうかわかりませんが、こちらの都合で送る場合には、「お許しもないのに勝手に送って申し訳ない」という気持ちをこめて「送らせていただきます」とします。この場合も、遠慮する必要がなければ、「お送りいたします」でよいです。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
統計学が最強の学問である[ビジネス編]

統計学が最強の学問である[ビジネス編]

西内 啓 著

定価(税込):本体1,800円+税   発行年月:2016年9月

<内容紹介>
累計43万部突破の超人気シリーズに、ついに文系でもわかる「実用書」が登場! 「ビジネス×統計学」の最前線で第一人者として活躍する著者が、。日本人が知らない「リサーチデザイン」の基本を伝えたうえで、経営戦略・人事・マーケティング・オペレーションで統計学を使う知恵と方法を詳細に解説します。

本を購入する
プレミアム白熱講座・第1回
(POSデータ調べ、9/18~9/24)


注目のトピックスPR


中川路亜紀 [コミュニケーション・ファクトリー代表]

1956年神戸市生まれ。早稲田大学第一文学部卒業。出版社勤務を経て、コミュニケーション・ファクトリーを設立。著書は『気のきいた手紙が書ける本』、『ビジネス文書の書き方』、『[新版]これでカンペキ! 誰でも書けるビジネス文書』『そのまま使える!ビジネスマナー・文書』など


知らないと恥をかく ビジネスメール文章術

今や仕事のメインの連絡手段ともいえる、ビジネスメール。しかし、一歩間違うと失礼になり、「仕事ができない人」の烙印を押される諸刃の剣でもあります。部下や後輩に対して「メールのマナーがなってない!」と思った上司も、実はそのルールが古いだけ、なんてことも。この連載で、今さら聞けない基本や移りゆくルール知り、恥をかかないメール術を手に入れましょう!

「知らないと恥をかく ビジネスメール文章術」

⇒バックナンバー一覧