ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
悪魔の対話術 ~ビジネスで「したたか」に成功する~
【第15回】 2008年8月26日
著者・コラム紹介バックナンバー
内藤誼人  [心理学者]

相手のホンネを探る時は、室温は「やや高め」に

 「温度」というのも、私たちの心理に影響している。常識的に考えてみても、暑すぎる部屋や、寒すぎる部屋では、どちらも私たちは、「もう話なんて、していられない」という気分になるだろう。つまりは、「部屋の設定温度」を巧妙に操作することで、相手の口を割りやすくしたり、逆に、沈黙させたりできるのだ。

 グリフィットという心理学者は、模擬的なインタビューをするという名目で、実験に参加してくれる人を集めた。見知らぬ人たちを集めて、インタビューという名目での、話しあいをするという実験である。それだけの実験なのだが、グリフィットは、だれにも内緒で、こっそりと部屋の温度をあれこれと変えてみた。

 その結果、この実験では、部屋の設定温度を32℃以上にすると、参加者たちは、インタビューで質問されたときに、答えるまでの反応が鈍くなっていた。あまり頭がぼんやりするような蒸し暑い状態では、人はあまりしゃべらなくなっていたのである。

 たしかに、真夏のジリジリするような暑い日の屋外や、サウナの中では、人は、会話をしなくなる。筆者も、サウナが好きだが、サウナの中では、だれもがみな静かにしているものである。暑いところでは、人は無口になるのだろう。

ホンネを探るには、
「やや暖かい」くらいがベスト

 では、寒くすればいいかというと、それも違う。「冬」は、人があまりしゃべらなくなる季節であるように、寒いところでも、私たちは口をきかなくなる傾向があるからだ。

 結局のところ、人のホンネを探り出すのに一番好ましいのは、「やや暖かい」と感じる状況である。夏ならクーラーで冷やし過ぎないように、冬ならややポカポカするくらいがベストだ。

 ロールズという研究者が年代別に調べた調査では、人が快適だと感じる温度は、時代とともにどんどん高くなっているという。

 たとえば、アメリカの場合だと、1924年には、17.7℃が一番気持ちよく感じる最適の温度だったが、1929年には18.8℃、1950年には20.0℃、1960年には21.5℃、1972年には24.4℃と、年代順にあがっていっているという。つまり、どんどん私たちは寒がりになっているのだ。

 この意味でいうと、温度で考えると、「やや高め」がいいのではないかと推測できる。もちろん、頭が朦朧とするような暑さになると逆効果であるが、少し高めくらいだと、相手も快適になって、会話をしてくれるのではないかと考えられる。

スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
10年後、君に仕事はあるのか?

10年後、君に仕事はあるのか?

藤原和博 著

定価(税込):本体1,400円+税   発行年月:2017年2月

<内容紹介>
人工知能、グローバル化、就活の地殻変動… 約50%の仕事が今後10〜20年でなくなると言われる。 そのような時代を生き抜くためにはどんな力を身につけておくべきなのか? 教育改革実践家の著者が、高校生に語りかけるスタイルで仕事が消滅していく社会で「稼げる大人」になる方法を伝授する。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、2/12~2/18)


注目のトピックスPR


内藤誼人 [心理学者]

慶応義塾大学社会学研究科博士課程修了。(有)アンギルド代表取締役。現在は、企業研修や講演等で、心理学の法則をもとにした人材育成や販売促進、企画力促進などに力を注いでいる。著書に『「人たらし」のブラック心理術』(大和書房)、『人は「暗示」で9割動く!』(すばる舎)、『パワーセルフ』(ダイヤモンド社)ほか多数。


悪魔の対話術 ~ビジネスで「したたか」に成功する~

ビジネス成功したいなら「お人よし」になるな!ビジネスに「ズルい」という言葉はない!自分のホンネはさらさずに相手のホンネを一方的に探り出すための「したたか」で「狡猾」な“悪魔の”対話術を伝授する。

「悪魔の対話術 ~ビジネスで「したたか」に成功する~」

⇒バックナンバー一覧