ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
利益や売上げばかり考える人は、なぜ失敗してしまうのか――目的工学[入門編]
【第13回】 2013年5月29日
著者・コラム紹介バックナンバー
本村拓人 [グランマ代表取締役社長/マーチャントアドベンチャー],紺野登 [多摩大学大学院教授、KIRO(知識イノベーション研究所)代表]

企業と非営利組織を繋いで社会的な価値を生み出す
グランマの仕事に目的工学は有効ですか?
――対談:本村拓人×紺野登(前編)

1
nextpage

「貧困とは想像力が枯渇した状態である」と定義し、ビジネスを通じてアジアの貧困問題を解決しようと活動しているグランマの創業者・本村拓人氏と、『利益や売上げばかり考える人は、なぜ失敗してしまうのかーードラッカー、松下幸之助、稲盛和夫からサンデル、ユヌスまでが説く成功法則』の著者、目的工学研究所所長の紺野登氏との対談前編をお送りする。日本を拠点に世界へと広がるグランマの活動と目的工学との関係をテーマに議論が進む。(構成/曲沼美恵)

バックパッカー経験をもつビジネスマンたちが
自らのリスクで社会的課題に取り組む

紺野 今回、本村さんとお話したいと思ったのは、私の目から見ると本村さんが率いるグランマの活動はとても目的工学的に映るからです。本の中の言葉で言えば、「目的群の調整」そのものをビジネスにしようとしている点で、とても新鮮です。

本村拓人(もとむら・たくと) 
グランマ代表取締役社長、マーチャントアドベンチャー。1984年東京生まれ。2009年株式会社グランマ創業。2010年「世界を変えるデザイン展」開催。2012年よりクアラルンプールで開催されているワールド イノベーション フォーラムのプログラム開発にも関わる。創業よりアジア地域に特化した日本企業の進出およびビジネス開発支援を実施。これまでに、日系10社以上のメーカーと共に南アジア地域における無電下村におけるソーラーランタンの設計からバリューチェーン(製造から販売までの全体設計)、医療施設が備わっていない地域での遠隔医療システムの設計、塩害地域での安全で清潔な水の提供をシステム開発などを手がけてきた。2011年からは途上国から提案されている固有技術(草の根から生まれてきている低技術、低価格、低環境負荷な製品)の普及(販売、マーケティグ活動)にも力を入れている

 日本人が海外で社会的課題の解決のために働く場合、企業から派遣されるか、NPOやNGOなどの非営利団体で活動するかのどちらかですが、本村さんたちのケースはそのいずれでもありません。自分たちでまず目的を打ち立て、自分たちの足でそれをビジネスに変えていっている。

 先進国の企業はこれまで途上国に対して「支援」というスタンスで臨むことが多かったのですが、グランマの場合、こちらが一方的に与えるのではなく、現場にあるモノを活かし、そこにいる人たちをイノベーターにして新たな「コト」を起こしていこうとしている。

 そういう意味で、『リバース・イノベーション』の中でも、特に草の根的な特徴をもつ「グラスルーツ・イノベーション」に位置づけられます。それが今、世界から注目を集めている理由だと思いますね。

本村 ありがとうございます。僕がグランマを創業したのは2009年4月でした。立ち上げ時のメンバー3人がみなバックパッカー経験者という会社も、あまりないかも知れません。年齢で言うと、代表の僕が84年生まれで最年長が83年生まれ。みなまだ若くて、ビジネスを軌道に乗せていくという点では難しさも感じています。

 そういう意味で、今回、ご著書を読ませていただいて勉強になった点がたくさんありました。中でも図解されていた「タスク」と「行為」の違いは、本当に大きいなと実感しています(下図参照)。

 僕たち自身は、活動の目的に「more imaginative life」――すべての人々が自らの意志で未来を切り開ける日常――をつくることを掲げていますが、それを実現するには、タスクの積み重ねでは絶対に無理です。主体性のある「行為」からでないと、人間の想像力は生まれてこない。活動をしつつ感じていながら言語化できなかったことを文章にしていただいたので、すごく助かっています。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
自分の時間を取り戻そう

自分の時間を取り戻そう

ちきりん 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
生産性は、論理的思考と同じように、単なるスキルに止まらず価値観や判断軸ともなる重要なもの。しかし日本のホワイトカラー業務では無視され続け、それが意味のない長時間労働と日本経済低迷の一因となっています。そうした状況を打開するため、超人気ブロガーが生産性の重要性と上げ方を多数の事例とともに解説します。

本を購入する
著者セミナー・予定
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


本村拓人 [グランマ代表取締役社長/マーチャントアドベンチャー]

1984年東京生まれ。2009年株式会社グランマ創業。2010年「世界を変えるデザイン展」開催。2012年よりクアラルンプールで開催されているワールド イノベーション フォーラムのプログラム開発にも関わる。 創業よりアジア地域に特化した日本企業の進出およびビジネス開発支援を実施。これまでに、日系10社以上のメーカーと共に南アジア地域における無電下村におけるソーラーランタンの設計からバリューチェーン(製造から販売までの全体設計)、医療施設が備わっていない地域での遠隔医療システムの設計、塩害地域での安全で清潔な水の提供をシステム開発などを手がけてきた。2011年からは途上国から提案されている固有技術(草の根から生まれてきている低技術、低価格、低環境負荷な製品)の普及(販売、マーケティグ活動)にも力を入れている。

 

紺野登 [多摩大学大学院教授、KIRO(知識イノベーション研究所)代表]

多摩大学大学院教授、ならびにKIRO(知識イノベーション研究所)代表。京都工芸繊維大学新世代オフィス研究センター(NEO)特任教授、東京大学i.schoolエグゼクティブ・フェロー。その他大手設計事務所のアドバイザーなどをつとめる。早稲田大学理工学部建築学科卒業。博士(経営情報学)。
組織や社会の知識生態学(ナレッジエコロジー)をテーマに、リーダーシップ教育、組織変革、研究所などのワークプレイス・デザイン、都市開発プロジェクトなどの実務にかかわる。
著書に『ビジネスのためのデザイン思考』(東洋経済新報社)、『知識デザイン企業』(日本経済新聞出版社)など、また野中郁次郎氏(一橋大学名誉教授)との共著に『知力経営』(日本経済新聞社、フィナンシャルタイムズ+ブーズアレンハミルトン グローバルビジネスブック、ベストビジネスブック大賞)、『知識創造の方法論』『知識創造経営のプリンシプル』(東洋経済新報社)、『知識経営のすすめ』(ちくま新書)、『美徳の経営』(NTT出版)がある。


利益や売上げばかり考える人は、なぜ失敗してしまうのか――目的工学[入門編]

「手段の時代」から「目的の時代」へ――手段にとらわれすぎると、本質を見失う。リーマン・ショックの経験を経て、世界じゅうの先覚者たちが、目的の重要性を唱え始めた。まず「利益」ではなく、「よい目的」を考えるビジネスを実践するために、私たちにできることは何か。はじまった目的工学の取り組みをさまざまな形で紹介していく。

「利益や売上げばかり考える人は、なぜ失敗してしまうのか――目的工学[入門編]」

⇒バックナンバー一覧