ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
Close-Up Enterprise

楽天vsTポイント頂上決戦
ネットとリアルで双方が激突

週刊ダイヤモンド編集部
2013年5月29日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

楽天がリアルの世界でポイントカードを展開するため、水面下で準備を進めている。これに対してライバルのTポイントは、ネットの巨人、ヤフーと組んで迎え撃つ。

 都内の幹線道路を走ると、ガソリンスタンド最大手「ENEOS(エネオス)」のサインポールの下に、青地にアルファベットの「T」を黄色でかたどったマークがこうこうと光るのが目につく。のぼりやパンフレットも並び、「Tポイントがたまる、使える」と大々的に宣伝されている。

 Tポイントといえば、カルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)の運営するツタヤ会員カードから派生し、2003年からは他の店でもポイントがたまるようになった「共通ポイント」の先駆けである。エネオスを展開するJXグループは数少ない草創期からのTポイント加盟店である。

 そんな古参の加盟店をめぐってポイント付与に変化が生じていることに、一部の利用者が気づき始めた。あるクレジットカードを提示すればTポイントの4倍のポイントがつく。それがライバルである楽天のスーパーポイントで、現在、裏技的に利用され、JX側も無視できなくなっている。

 楽天は、ポイント付与を積極的に進め、楽天市場などグループ内のEコマースを伸ばすのにうまく活用してきた。今度は約5700万人の会員基盤を生かし、現金決済向けのリアルな店舗にも広げようと準備を進めている。

 すでに楽天本社の食堂では磁気とバーコードを付帯した「Rポイントカード」を社員向けに発行し、システム連携する実験を始めた。来年以降、この加盟店を一気に広げ、共通ポイント化する予定だ。

 右図のようにマイルを含むポイント発行額は少なくとも約1兆円と見込まれ、市場規模は大きい。共通ポイントといえば他に、三菱商事系列の「Ponta(ポンタ)」があり、両社の加盟店は計約8万店へと拡大している。

 そこに、楽天が文字通り殴り込みをかける。先述のように実績があるため有力加盟店との提携もしやすい。加えて、今後3年が勝負として、ポイント発行で徴収する手数料も大幅にディスカウントして加盟店を「落とす」作戦を取るとみられる。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


Close-Up Enterprise

日々刻々、変化を続ける企業の経営環境。変化の中で各企業が模索する経営戦略とは何か?『週刊ダイヤモンド』編集部が徹底取材します。

「Close-Up Enterprise」

⇒バックナンバー一覧