ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
今週の週刊ダイヤモンド ここが見どころ

楽天 VS アマゾン
日本で勝つのはどちらだ!?

週刊ダイヤモンド編集部
【12/12/15号】 2012年12月10日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

アマゾンも驚く人気ぶり
日本に上陸した「キンドル」

 「人気商品につき、ご注文いただいてから発送までにお時間をいただいております」

 今年10月下旬、米アマゾン・ドット・コムが電子書籍端末「キンドル」の日本投入を明らかにした。インターネットのサイト上で受付を始めると予約が殺到。ネット分の在庫はすぐに売り切れてしまった。11月中も状況は変わらず、予約しても年明けまで待つ格好になっている。

 実は、アマゾンにとってこうした事態は誤算だった。在庫切れを最も嫌がる企業体質であり、本来強みであるはずの需要予測が外れたというのはアマゾンにとっては決して誇れることでないのだ。

 裏を返せば、出荷台数は明らかではないものの、それだけ顧客の期待を集めている製品といえる。

 もともと、キンドルは米国で2007年に販売を開始した。毎年のように改良が加えられ、イー・インクを採用した白黒画面の電子書籍端末から、アンドロイドOS対応のタブレット端末へと進化している。

 特徴はその価格にある。「顧客に求めやすい価格を提供する」として、これまで原価すれすれの安値で販売してシェアを広げた。メーカーのように端末販売で稼ぐ気はなく、自社の電子書籍や商品の販売につなげるツールなのである。

 もちろんこの5年間、日本への上陸が今か今かと言われ続けてきた。今年6月にアマゾンのサイト上で「近日発売」と打たれると業界は浮足立ち、大手経済紙も発売予測記事を何度も掲載したが、すべて外れた。

 だが、この電子書籍市場に思わぬ伏兵が現れた。楽天が傘下に収めたカナダ・コボ社である。キンドルと似た電子書籍端末を開発、今年7月に日本では先行して販売を始めたのである。

1
nextpage

今週の週刊ダイヤモンド

2017年2月25日号 定価710円(税込)

特集 弁護士・裁判官・検察官 司法エリートの没落

知られざる法曹界の真実

【特集2】
サントリーと創業家
グローバル化への試練

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購読いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


今週の週刊ダイヤモンド ここが見どころ

最新号の読みどころを特集担当者の視点でお伝えします。時には紙幅の関係から記事にできなかった取材の内側など、「ここだけの話」も満載です。

「今週の週刊ダイヤモンド ここが見どころ」

⇒バックナンバー一覧