ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
「これからの世界」で働く君たちへ
【第1回】 2013年4月25日
著者・コラム紹介バックナンバー
山元賢治

伝説の元アップル・ジャパン社長が
初めて明かす、アップル復活の舞台裏と、
「これからの世界」での働き方

1
nextpage

iPodからiPhoneまで、アップル復活の舞台裏を知る「唯一の日本人経営者」が、アップル退社後に初めて語る「これからの世界」での働き方。ジョブズ、ティム・クック、ラリー・エリソンらビジネス界の巨人とわたり合った伝説の外資トップが教える「世界標準の武器」とは?

30年間、グローバル企業で働き、学んだこと

 私は今、年間およそ5000人の前で講演をしています。企業から依頼されて幹部候補の部長たちに話す場合もあれば、これから企業を支える20、30代向けの社内研修や、就活中の大学生のセミナーにもよく呼ばれます。

 変わったところでは、公立高校の校長先生の前でも話をしました。先日は、都内の高校生が私の講演をぜひ学校でやりたいと、校長先生を口説いて講演会を実現させてくれたので、生徒、先生、それに生徒の親の前でも話をしました。

 いつも決まった原稿を読むのではなく、集まった人たちの反応を見ながら自由に話すのですが、たいていは私がこれまで仕事を通して経験したこと、出会った人たちから得たこと、そして、これからの世界で働く人たちに必要だと思うことです。

 すると、幸いなことにどこの会場でもみなさん、面白がってくれます。講演が終わると、私のもとに寄ってきて、「世界で仕事をするとはどういうことか、よくわかりました」と興奮気味に話す人もいれば、「今の自分では世界で通用しないのを痛感しました」と危機意識を持つ人もいます。

 また、「自分も世界に出てバリバリ働きたい」と新たに目標を見つける人もいて、自分の話が多少なりとも影響を与えられたかと思うと、とてもうれしく感じます。なぜ、そんな幅広い世代の、それも職種もバラバラな人たちが、私の話に興味を持ってくれるのか。それはきっと、私が少しばかり変わったキャリアを持ったビジネスマンだからだと思います。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
いまの科学で「絶対にいい!」と断言できる 最高の子育てベスト55

いまの科学で「絶対にいい!」と断言できる 最高の子育てベスト55

トレーシー・カチロー 著/鹿田 昌美 訳

定価(税込):本体1,600円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
子どもの豊かな心を育て、頭と体を伸ばしていくために親が知っておきたいことについて、最新の科学研究をもとに「最も信頼」できて「最も実行しやすい」アドバイスだけを厳選して詰め込んだ貴重な本。子にかけるべき言葉、睡眠、トイレトレーニング、遊び、しつけまで、これ一冊さえ持っていれば大丈夫という決定版の1冊!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


山元賢治

1959年生まれ。神戸大学卒業後、日本IBMに入社。日本オラクル、ケイデンスを経て、EMCジャパン副社長。2002年、日本オラクルへ復帰。専務として営業・マーケティング・開発にわたる総勢1600人の責任者となり、BtoBの世界の巨人、ラリー・エリソンと仕事をする。2004年にスティーブ・ジョブズと出会い、アップル・ジャパンの代表取締役社長に就任。iPodビジネスの立ち上げからiPhoneを市場に送り出すまで関わり、アップルの復活に貢献。
現在(株)コミュニカ代表取締役、(株)ヴェロチタの取締役会長を兼任。また、(株)Plan・Do・See、(株)エスキュービズム、(株)リザーブリンク、(株)Gengo、(株)F.A.N、(株)マジックハット、グローバル・ブレイン(株)の顧問を務める。その他、私塾「山元塾」を開き、21世紀の坂本龍馬を生み出すべく、多くの若者へのアドバイスと講演活動を行っている。
著書に『ハイタッチ』『外資で結果を出せる人 出せない人』(共に日本経済新聞出版社)、共著に『世界でたたかう英語』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)がある。

 


「これからの世界」で働く君たちへ

ジョブズ、ティム・クック、ラリー・エリソン、マイケル・ラトガースら、ビジネス界の巨人とわたり合い、アップル復活の舞台裏を知る「唯一の日本人経営者」が教える、21世紀を生き抜く40の指針。この連載では、書籍に掲載した40の講義から10個を再編集してご紹介します。

「「これからの世界」で働く君たちへ」

⇒バックナンバー一覧