ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
短答直入

トレジャーデータCEO 芳川裕誠
ヤフー創業者も目を付けた
日本発ビッグデータ系ベンチャー

2013年5月30日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

ビッグデータに関わる著名な日本人技術者らがシリコンバレーに設立した企業が今、世界的に注目を集めている。その名もトレジャーデータ。米ヤフー創業者らの出資を受け、日本でも広告代理店の博報堂や料理レシピサイトのクックパッドなどがここのサービスを利用している。この度、トレジャーデータは、日本で本格的に事業展開するとして記者会見を行った。来日した34歳の芳川裕誠・CEO(最高経営責任者)に話を聞いた。

――トレジャーデータはどんなサービスを提供しているのでしょうか。

よしかわ・ひろのぶ/1978年生まれ。早稲田大学文学部在学中から米レッド・ハット社で働き始め、エンジニアとしてのキャリアを開始。2009年、三井 物産のプライベートエクイティ事業に参画し、シリコンバレーを中心に100を超えるIT企業に関わる。11年、米国のシリコンバレーでトレジャーデータ設 立、12年に日本法人を開設する
Photo by Takeshi Kojima

 いま、ビッグデータという言葉があるように、企業には顧客データや会計データ、ログデータなどさまざまなデータがあり、それがリアルタイムでどんどんと蓄積されています。

 巨大なデータゆえに扱うのが難しかったのですが、それがここ5年ぐらいで、サーバなどのハードウェアのコストが劇的に安くなり、大規模データを保管し、解析する仕組みができました。

 インターネット企業の中には、巨大なアクセスデータを解析して新しいサービスを生んでいます。アマゾンのように、購買履歴を基にしてお薦め商品を提示するレコメンド機能や、グーグルのように広告配信の最適化技術がその一つにあたります。

 こうしたソフトウェアの技術のかなりの部分が、オープンソース化されました。つまり、誰でも簡単にビッグデータを活用し、これまでの10分の1~100分の1のコストで解析できるようになったのです。

 しかしながら、システムの構築や保守、管理のコストはほとんど変わっていないのが現状です。実際、100~1000台のコンピュータを横に並べて複雑なソフトウェアを積み重ねていくようなものですから、ビッグデータの活用をしたくてもつまずいてしまっている企業がたくさんあるのです。

 そこでわれわれが、そのデータを管理しようと考えました。クラウドコンピューティングを活用して、データの収集、保管、そして解析の仕組みを安価に提供するサービスを始めたのです。これにより、企業にはデータ分析に専念してもらえます。

 サービスは、無料の試用版や月額3000ドルからのものを用意しており、データを蓄積する量や処理の速さに応じて料金が上がる仕組みです。もしサービスを止める場合、預かったデータは企業にお返しします。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


短答直入

円高や原燃料高など、企業の経営環境が厳しさを増すなか、日本を代表する企業のトップはどんな成長戦略を講じているのか。話題の企業の内実に鋭く切り込むインタビュー。

「短答直入」

⇒バックナンバー一覧