ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
今、こんな旅がしてみたい!

【スペイン】バルセロナ
ガウディに恋をする
バルセロナの超王道

「今、こんな旅がしてみたい!」編集部
【第7回】 2013年6月7日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
夕暮れ時のサグラダ・ファミリア聖堂。建物の東にある公園越しが、撮影のベストスポット
Photo by Masahiro Ariga

革新と自由を愛する
芸術の都バルセロナ

聖堂内には、光が満ち溢れる
Photo by Masahiro Ariga

 10世紀後半~18世紀前半の中世の時代、カタルーニャという独自の国の首都であったバルセロナは、西洋やイスラムから新しい文化を取り入れることで発展した。そのため、バルセロナには今でも革新と自由を愛する気風が漂っている。

 こうした気風が影響して、バルセロナの街はさまざまな革新的アーティストを世に生み出した。ピカソやミロといった画家のほか、建築家アントニオ・ガウディもそのひとり。ガウディの代表作であるサグラダ・ファミリア聖堂こそは、バルセロナの気風が生み出した革新的なアートの最たるもの。現在、世界で最も有名な建物のひとつであるこの教会は、従来の教会建築のデザインとは一線を画す。

ガウディの設計した高級アパート、カサ・ミラ
Photo by Masahiro Ariga

 2010年、サグラダ・ファミリアはひとつの大きな節目を迎えた。それは、内装が完成したことだ。同年11月7日にはローマ法王が同地を訪れ、正式にバジリカ(聖堂)に認定された。かつては雑然とした工事現場のようだった内部は、今は整然と整えられ、キリリとした厳粛な空気が漂っている。祭壇はきらびやかなステンドグラスに覆われ、差し込んだ陽光が虹色に変化する様子は圧巻のひとこと。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


今、こんな旅がしてみたい!

長年にわたって、旅する魅力を伝えつづけている『地球の歩き方』が、すべての海外旅行ファンに向け、毎年1回、12月に発行している「旅先選び」のための雑誌が、「今、こんな旅がしてみたい!」です。特にこの「地球の歩き方」の旅30は、「来年行くべきエリア」を世界中から「30ヵ所」セレクトしています。漠然とした「行きたいところ」はあるのだけれど、それがどこか分からない、という悩みを抱えている旅人の皆さんに、最新の2013年版の中から毎回1ヵ所をピックアップして、ご紹介していきます。

 

「今、こんな旅がしてみたい!」

⇒バックナンバー一覧