ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
「100%好かれる1%の習慣」とは?
【第18回】 2013年6月18日
著者・コラム紹介バックナンバー
松澤萬紀 [日本ホスピタリティー・マナー研究所・代表]

なぜか、お金もチャンスもやってくる
「ご縁の法則」とは?

1
nextpage

ANA客室乗務員(CA)として12年。500万人のお客様の対応で気づいた、行動・言葉・気づかい・テーブルマナー・習慣とは?テレビ、新聞でも紹介された「100%好かれる1%の習慣」。第18回目は【なぜか、お金もチャンスもやってくる「ご縁の法則」とは?】です。

「良い縁が、良い円を生むんだよ。
だから、人の縁を大事にしなさい」という言葉に気づかされる

 12年間の客室乗務員(CA)を辞めた後、「CS(お客様満足)向上コンサルタント」になったからといって、私はすぐに仕事に恵まれたわけではありません。

 CAをやめた当初は仕事も少なく、週に一度、講師として登壇するかしないか、といった程度でした。
 経済的にもラクではなかったので、将来に対する、心配とも期待ともつかない気持ちを消化できなかったこともあります。

 そんな折、懇意にさせていただいている経営者(Cさん)とお話する機会がありました。
 私がつい弱音を吐いてしまうと、その方はこう言って、私の悩みを取り除いてくださったのです。

「良い縁が、良い円を生むんだよ。だから、人の縁を大事にしなさい」

 このCさんの言葉を聞いて、目が覚めた思いがしました。私は「円(お金)を稼ぐこと」や「仕事をいただくこと」に、気をとられすぎていたことに、気がついたからです。

 Cさんが言うように、私に足りなかったのは、「人とのご縁を育むこと」でした。

 その後、「円を求めず、縁を求めよう」と考えをあらためると、すぐに研修会社の営業担当者(Sさん)からお電話をいただきました。研修の依頼です。

 「急な仕事ですが、引き受けてくれませんか?」

 詳細をうかがうと、「明日、予定していた講師の都合がつかなくなったので、ピンチヒッターをお願いしたい」といいます。
 ところが…、いつもだったらスケジュールの都合がつく、その当時の私が、その日にかぎって、すでに、別の研修講師の仕事が入っていました。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
いまの科学で「絶対にいい!」と断言できる 最高の子育てベスト55

いまの科学で「絶対にいい!」と断言できる 最高の子育てベスト55

トレーシー・カチロー 著/鹿田 昌美 訳

定価(税込):本体1,600円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
子どもの豊かな心を育て、頭と体を伸ばしていくために親が知っておきたいことについて、最新の科学研究をもとに「最も信頼」できて「最も実行しやすい」アドバイスだけを厳選して詰め込んだ貴重な本。子にかけるべき言葉、睡眠、トイレトレーニング、遊び、しつけまで、これ一冊さえ持っていれば大丈夫という決定版の1冊!

本を購入する
著者セミナー・予定
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


松澤萬紀(まつざわ・まき) [日本ホスピタリティー・マナー研究所・代表]

日本ホスピタリティー・マナー研究所・代表。幼少期よりCA(客室乗務員)に憧れ、8回目の試験で念願のCAに合格。ANA(全日空)のCAとして12年間勤務する。トータルフライトタイムは8585.8時間(地球370周分)。在職中に、「社内留学制度」に合格し、西オーストラリアに留学。現地学生とともに「ホスピタリティー」を学ぶ。ANA退社後は、ホスピタリティー・マナー講師、CS(顧客満足度)向上コンサルタントとして活動。関西人ならではのユーモラスな講義で、過去最多の年は、年間登壇回数200回以上。総受講者数は、2万人以上。リピート率は97%に達し、1年後の研修も決まっている。「礼法講師」資格、「日本メンタルヘルス協会公認心理カウンセラー」資格も持ち、「笑顔と思いやりからはじまるマナー」を、「3つのK(行動・気づき・心)」ですぐに行動化できることを目的とした人財育成を行う。「新入社員研修」「 管理職研修」「 接遇研修」などを中心に、幅広い層に対して豊富な研修実績を持つ。とくに「新入社員研修」に関しては定評があり、100%のリピート率をほこる。また、企業研修のみならず、高校、大学でも講座を行った経験があり、毎回、大好評を博している。また、読売テレビ「ミヤネ屋」、乃木坂46の番組である日本テレビ「NOGIBINGO! 5」・「news every.」、TBSテレビ「はなまるマーケット」、ラジオ「J-WAVE」などへの出演、毎日新聞にも掲載されるなど、メディアでも活躍中。著書に、11万部を突破した『100%好かれる1%の習慣』、『【図解】100%好かれる1%の習慣』があり、台湾や韓国でも、翻訳され、人気を博している。


「100%好かれる1%の習慣」とは?

ANA客室乗務員として12年。500万人のお客様の対応で気づいた、行動・言葉・気づかい・テーブルマナー・習慣とは? テレビ、新聞でも紹介された、100%好かれる人がやっている「1%の習慣」。毎日の行動を、ほんの1%、変えれば、人生は変わるのです。「1日10時間」のトレーニングが必要なわけではありません。お金がかかるわけでもありません。ほんの1%、相手のために配慮することで、人間関係は豊かに彩られていくはずです。

「「100%好かれる1%の習慣」とは?」

⇒バックナンバー一覧