ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

ツイッター vs フェイスブック
「マイクロビデオ戦争」が勃発!

瀧口範子 [ジャーナリスト]
【第252回】 2013年7月3日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
ツイッター対フェイスブック(インスタグラム)が「マイクロビデオ」でユーザー争奪戦を展開

 「マイクロビデオ戦争」が勃発した。

 マイクロビデオとは、ごく短い動画のこと。ユーチューブのような何十分もの動画を見るのを我慢できないような、堪え性のない人々に向けて生まれたもので、6秒とか15秒とかといった長さ制限付きのビデオだ。別名「一口ビデオ」とも、「スナックサイズ・ビデオ」とも呼ばれる。

 戦争を起こしているのは、ツイッターとフェイスブック。すでにソーシャルネットワークのユーザーを取り合っているライバルであるこの2社から、相次いでマイクロビデオ機能が発表された。そして、ソーシャルネットワークの常で、こうした細かなサービスの追加が、ユーザーの集団移動を起こさせているのだ。

 最初にマイクロビデオを導入したのはツイッターで、買収した新興企業のヴァインのテクノロジーを統合した。今年初めのことだ。そして先日、フェイスブックが買収した写真共有サービスの「インスタグラム」が、やはりマイクロビデオのサービスを開始。道具立てを同じに揃えたというところだ。

インスタグラムは
ヴァインを「殺す」のか?

 インスタグラムのビデオ対応が発表されるまで、ツイッター内で1日あたり300万のリンクがシェアされていたヴァインは、インスタグラム・ビデオの発表後その数をどんどん落として、1週間後には100万以下になってしまったという。

 一方のインスタグラム・ビデオは、発表後最初の24時間で500万本ものビデオが同サイトにアップロードされた。いったい、後発のインスタグラム・ビデオはヴァインを殺してしまうのかと、関係者は息をのんで見守っているところらしい。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
IT&ビジネス
関連記事
クチコミ・コメント
facebookもチェック

瀧口範子 [ジャーナリスト]

シリコンバレー在住。著書に『行動主義: レム・コールハース ドキュメント』『にほんの建築家: 伊東豊雄観察記』(共にTOTO出版)。7月に『なぜシリコンバレーではゴミを分別しないのか?世界一IQが高い町の「壁なし」思考習慣』(プレジデント)を刊行。


ビジネスモデルの破壊者たち

シュンペーターの創造的破壊を地で行く世界の革新企業の最新動向と未来戦略を、シリコンバレー在住のジャーナリストがつぶさに分析します。

「ビジネスモデルの破壊者たち」

⇒バックナンバー一覧