ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
エリート人材獲得競争の最前線
【第1回】 2013年7月5日
著者・コラム紹介バックナンバー
柴崎洋平

世界で始まる人材争奪戦に乗り遅れるな!
新卒でも優秀な学生がいれば、
サムスンやグーグルは1000万円超オファー!

1
nextpage

サムスンは1500万円、グーグルは1350万円…驚くなかれ、これは、優秀な海外学生に対し本社新卒採用として提示された年俸額なのである。トップ人材を獲得しようと世界の人材獲得競争は熾烈を極めるが、日本企業の多くは年功序列で、採用対象もいまだ日本人や日本語のできる外国人ばかり。このまま採用の現場でも「ガラパゴス化」が進むのか? 日本企業の人材獲得における課題を浮き彫りにする新連載の第1回。

 昨年末、インドのトップ大学であるIIT(インド工科大学)の新卒学生に対して、サムスンが年俸1,500万円、グーグルが1,350万円でオファーを出したというというニュースが、インドの学生界を駆け巡りました。今やグローバル企業は、新卒であろうとも優秀な人材なら年俸1000万円超を払ってでも獲りにいく時代なのです。

香港中文大学で開催された同社主催の説明会。学生の熱心な姿勢が印象的だ。

 もちろん新卒に限らず、世界では今まさに、人材争奪戦が繰り広げられています。日本企業の一部でもグローバル採用が推進され始めました。しかしながら、現時点ではほとんどの企業において、日本語が堪能な学生や日本特有の企業文化を理解できる学生を採用するのが主流です。それらを度外視して、世界のトップ学生を採用しに海外へ出向く企業は数えるほどしかありません。サムスンやグーグルと同様に、世界各国のトップ学生を本社に採用すれば、企業力の向上にも繋がるのではないでしょうか? 

 弊社フォースバレー・コンシェルジュで、日系大手企業のグローバル採用をお手伝いするなかで見えてきた、海外における優秀な人材採用の現場や、日本企業の課題について、本連載でご紹介していこうと思います。

「日本人=2%以下」が意味すること

 みなさんは、「日本人」が世界の総人口の何%を占めるか、きちんと意識したことはありますか?

 たったの「2%」にすぎないのです。

 それが何を意味するのでしょうか。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
再起動 リブート

再起動 リブート

斉藤徹 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年12月

<内容紹介>
僕は4回死に、そのたびに復活した。 波瀾万丈のベンチャー経営を描き尽くした真実の物語。 バブルに踊ろされ、金融危機に翻弄され、資金繰り地獄を生き抜き、会社分割、事業譲渡、企業買収、追放、度重なる裁判、差し押さえ、自宅競売の危機を乗り越え、たどりついた境地とは

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、1/8~1/14)


注目のトピックスPR


柴崎洋平

[フォースバレー・コンシェルジュ株式会社 代表取締役社長]
1998年 上智大学外国語学部卒業後、ソニー株式会社入社。世界10数ヵ国で、 サムスン、モトローラ、ノキアといった世界的なグローバル企業とビジネスを行う。 2007年 ソニー株式会社退社後、 同年、フォースバレー・コンシェルジュ株式会社設立、代表取締役社長就任。世界経済フォーラム(ダボス会議)、Young Global Leaders (YGL) 2013選出。上智大学非常勤講師。


エリート人材獲得競争の最前線

サムスンやグーグルは、新卒でも優秀な学生には1000万円超でオファーするなど、世界の人材獲得競争は熾烈を極める。しかし、日本企業の多くは年功序列であり、採用対象も日本人や日本語のできる外国人が中心だ。本連載では、フォースバレー・コンシェルジュの柴崎洋平社長が、国内外の人材採用支援業務から痛感した、日本企業がグローバル採用で失敗する理由や、世界トップ人材の資質などをまとめ、全6回でお届けする。

「エリート人材獲得競争の最前線」

⇒バックナンバー一覧