ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
「採用の神さま」のイマドキ日中就活ルポ 小畑重和

学生の大企業志向や志望動機は幻想に過ぎない!
採用の神さま直伝、
無名企業が優秀な人を獲得する方法

小畑重和 [(株)トランセンド アジアHRプロジェクト顧問]
【第13回】 2011年12月23日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 皆さん、こんにちは。自分で言うのもなんやけど、「採用の神さま」小畑重和です。

 2012年ももうすぐ終わりですね。9月30日から開始した「採用の神さまの日中就活ルポ」にお付き合いいただきまして、ありがとうございました。年内最後のルポです。

 というか、最近ルポやないですね…。「昔話」や「論」が多かったですかね。申し訳ないけど、まー、気にしないで下さい(笑)。

前回前々回、「志望度の高い・すごく入りたい人より、志望度は低くても、活躍してくれそうな採りたい人を採る!ってのが採用魂なんです」という話をしました。では、採用担当者はそんな人をどうやって採っているんでしょうか。ボクの経験も含めたそんな話で今年を締めたいと思います。

無名企業の採用担当者だったボクが
商社希望の学生を口説き落とすまで

 ボクは1982年に、日本リクルートセンターで採用業務をスタートしました。

 当時の(株)日本リクルートセンター〈現在の(株)リクルート〉は全くの無名企業。「は?陸ルート?運送業ですか?」とか「ヤクルトの関連ですか?」という認識しかありません。

 日本リクルートセンターへの志望度が高い・すごく入りたい人っていうのは、基本的にはいません。いやいや、志望度の低い人って言う人もいないほどです。知られてないですから。

 そこで、新人や若手社員に、「後輩でおもろそうな人いいひんか?」と言って学生を紹介してもらい、接触を開始します。

 会って、「就職はどう考えてるの?」と聞くと、大体は、「商社に行きたいです」とか、「マスコミ希望です」とか、「金融を考えてます」とか言われ……紹介された学生は、もちろん日本リクルートセンターに興味も関心もありません。ですから初回の接触が、もっとも重要です。

 「なんで商社を希望してるの?」とボクが聞くと、学生は、「日本は資源が少ない国です。だから海外貿易でバリバリ働きたいんです!そして色んな事業があるので可能性を感じるんです」なんて言うわけです。

 この時に、彼らが希望している業界・企業について、否定的なことを言ってはいけません。たとえば、「全員が海外行ってるわけやないで」とか、「商社は、基本その事業部に入ったら、ずっとそこやで」とか。ましてや、「リクルートも、新卒向けの媒体のほかに、住宅関連事業もやってるし、教育事業も、マンション販売事業なんかもいろいろやってるで」などと言ってしまうのは最悪です。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

小畑重和 [(株)トランセンド アジアHRプロジェクト顧問]

1959年京都市生まれ。82年京都大学法学部卒。同年リクルート入社。入社後、10年間、人事採用担当・責任者として、高成長期のリクルー トの採用をささえる。キャリアスクール「i-Company」校長、リクルートエージ ェントの採用部長を経て、現在、主に北京で中国人大学生を採用する(株)トランセンド AHRP事業顧問。公式サイトhttp://obatashigekazu.net/


「採用の神さま」のイマドキ日中就活ルポ 小畑重和

「第二次就職氷河期」と呼ばれ、学生たちの就職難が問題視されている日本。その一方で、中国進出やグローバル化を視野に入れた多くの企業が熱い視線を寄せるのが中国の学生だ。本連載では、これから一層注目を集める中国の就活事情を明らかにするとともに、日本人の学生が彼らに負けないための処方箋を探る。

「「採用の神さま」のイマドキ日中就活ルポ 小畑重和」

⇒バックナンバー一覧