ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

スマホユーザーが一生知る由もない
「ガラケー版LINE」の正体

2013年7月9日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 朝夕の電車のなかは、スマホ、スマホ、スマホ、ときどきタブレット。チラリと見える画面には、LINEかパズドラ(パズル&ドラゴン)ばかり。スマホさえあれば、最新の情報、音楽、ゲームなど何にでも容易にアクセスできるため、最近、通勤時間が楽しくなった、あるいは充実したという人も少なくないだろう。

 総務省の調査(平成24年通信利用動向調査)によると、スマートフォンの2012年末の世帯普及率が49.5%と、29.3%だった前年末から大幅に伸び、もはや「スマホが当然になった」といってもいい。そんな今、従来型携帯電話を使う、いわゆる“ガラケーユーザー”は何をして楽しんでいるのだろうか?

「ガラケーで事足りますから」は
単なる強がりではなかった!

最近、あまり見かけなくなった従来型携帯電話

 「電車でパカっと携帯を開くだけで、周りの人に見られてる気がするんですよね」

 こう語るのは、未だガラケーの使い手であるAさん(31歳)。ただ、一車両にガラケーユーザーが1人いるかいないか、という時代になったにもかかわらず、Aさんはガラケーを愛用することに全く引け目を感じてはいない。

――今も“ガラケー”って不便じゃないですか?

 「何の問題もないですよ」

――スマホほしいなって思いません?

 「いいなと思うこともありますけど、うらやましくはないですね。事足りますから」

――でも、スマホがあるとLINEとかもできて便利ですよ?

 「いえ、ガラケーでもLINEはできますから。事足ります」

――え!? ガラケーでもLINEできるんですか?

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
IT&ビジネス
関連記事
クチコミ・コメント
facebookもチェック

デジライフNAVI

目まぐるしいほどの進化を続けるデジタルの世界。最新の商品やサービスをいち早くキャッチアップし、最先端のトレンドをナビゲーションします。

「デジライフNAVI」

⇒バックナンバー一覧