ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
短答直入

電力事業は長期的視点必要
短期的な経営を志向するファンドとは相いれず
J-POWER(電源開発)社長 北村雅良

2009年7月2日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
J-POWER(電源開発)社長 北村雅良
撮影:宇佐見利明

──英投資ファンド・TCIによる株式買い増し問題は、JーPOWERによる買い取りで幕を閉じた。どう総括しているのか。

 当時はIR担当の副社長として交渉に当たってきた。われわれにはない発想をする投資家の登場に戸惑ったが、いい経験だった。ファンドは増配や、借り入れを活用した経営で企業価値、つまり株価を上げるべきだと提案してきたが、われわれの経営とは相いれなかった。ファンドは短期的な視点で株価を引き上げようという発想だ。

──これに対する主張は。

 電力事業は電気事業法などの縛りもあり、長期で少しずつ儲けるというローリスク・ローリターンの経営が求められる。議論は常に平行線だったが、こうした経営姿勢をぶれずに言い続けることの重要性を認識した。今後もわれわれの経営を理解してくれる方に株主になってほしい。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


短答直入

円高や原燃料高など、企業の経営環境が厳しさを増すなか、日本を代表する企業のトップはどんな成長戦略を講じているのか。話題の企業の内実に鋭く切り込むインタビュー。

「短答直入」

⇒バックナンバー一覧