ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
世界の大富豪に学ぶ!お金と愛情の成功哲学

ごく普通の収入でも、ミリオネアになれる

マダム・ホー Madam Grace Ho [投資家/マダム・ホーのハピネス(R)バランス研究所代表]
【第2回】 2008年1月23日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 前回お話ししたような、拝金主義的で、ちょっとおかしい日本人がだんだん増えてきたのは最近だと思います。日本人はもともと、つつしみ深く、「奥ゆかしさ」という美的感覚を持っていたのです。表面より、内面性や精神性を重んじた文化と伝統に育まれていたと思います。
 
 私の提唱するフィロソフィーのひとつにヘレン・ケラーの言葉があります。
 
 「この世で一番美しいものは決して目に見えない、手で触れることができないものです」とは、昔の日本人なら誰でも知っていたことです。

お金に対して
「美意識」を持つ

 世界のできる男や富豪達も「富とはお金ではない」と断言します。「真の豊かさとは、心の豊かさであり、これは目に見えるモノではない」と彼らは言うのです。このようなお金に対する「奥ゆかしさ」を、昔の日本の親達は子供に教えました。

 「お金をみせびらかすのは下品な人間がすること」
 「まわりから、『かわいそう』と思われるぐらいがちょうどいい」
 「お金を持っていない人にもやさしくしなさい」

 ところが、最近の日本では、まず親の金銭感覚とお金に対する美意識がゆがんできているように思えます。もちろん、全部の親達がそうではないのですが、子供に過度な贅沢をさせたり、子供に対して平気で「大人になったらたくさんカネを儲けてラクをさせておくれ」「いっそ、芸能界へ入って稼いでおくれ」と言う親も中にはいるようです。
 
 世界のできる男や富豪達は、お金をみせびらかすことをしません。

 逆に、あえて普通にふるまっています。それは、彼らの親達がそのように躾けたからです。基本的には、昔の日本の親達がしていたことを、今でも彼らはしているだけなのです。

 1990年代にアメリカで大ブームをおこした本があります。邦題『となりの億万長者』(早川書房刊)は、それまでアメリカ人が持っていたお金持ちの定義をくつがえしました。私も友人から話を聞いた時は衝撃的でした。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


おすすめの本
おすすめの本
マダム・ホーの人気著書、好評発売中!

世界のできる男や富める男たちが実践する様々な「法則」を紹介する、『カリスマ華僑夫人が教える!世界の富める男たちのお金と愛情の法則』。物の見方や考え方をほんの少し変えるだけで、あなたの人生は今よりずっと満ち足りたものになるはず。1500円(税込)

話題の記事

マダム・ホー Madam Grace Ho [投資家/マダム・ホーのハピネス(R)バランス研究所代表]

アメリカ在住の投資家。USC、UCLA両大学院卒業後、華僑富豪やユダヤ人大富豪から教わった中国古典と不動産投資により20代で最初の1億を作る。今では100の不動産を持つミリオネア。金融と医学専門A級通訳としても活躍し、世界の成功者と日々接している。講演活動や執筆活動を通じ「真の豊かさ」や「愛情と健康とお金のバランスがとれたライフスタイル」を提唱中。公式サイト www.madamho.com


世界の大富豪に学ぶ!お金と愛情の成功哲学

富と愛を手に入れた世界の大富豪たちの成功哲学とは?自身も20代の若さでミリオネアとなったマダム・ホーが、その秘密のすべてを語ります。

「世界の大富豪に学ぶ!お金と愛情の成功哲学」

⇒バックナンバー一覧