ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
エリート人材獲得競争の最前線
【第2回】 2013年7月12日
著者・コラム紹介バックナンバー
柴崎洋平

日本人学生の成長を阻み世界標準に劣後させる
日本企業の“ガラパゴス”的3つの採用慣習

1
nextpage

今日日、世界の優秀な学生は、外資系の投資銀行やコンサルティングファームを目指す。ほとんどの日本企業は、見向きもされない。逆に、日本企業が採用しようとしている日本人学生のほとんどは、海外からはバリューを感じてもらえない。その遠因は、世界標準から外れて“ガラパゴス化”した、日本独特の採用・インターンシステムにある。

優秀な学生はみな外資系を選び、日本企業は見向きもされない

 「学生のトップ(最優秀層)1%は、外資系投資銀行、大手外資系コンサルティングファームに早期内定するので、その層の就職活動が終わったころにリクルーティングに来るといい」。

 弊社は、日本企業が海外数十ヵ国から優秀な学生を確保するための採用支援事業を展開しています。創業まもない5年前、当事業を始めるために、香港大学、ソウル大学、国立台湾大学で日本企業への採用説明会を開催できないか、3大学に挨拶に伺った際、どこの大学でも言われたのが冒頭の言葉です。

 衝撃を受けました。日本企業の出遅れ感を、目の当たりにしたからです。

 どこの国でも、最優秀層の学生の就職先として名前が挙がるのは、先に挙げた外資系投資銀行、大手外資コンサルティングファームのほか、急成長中のIT企業、一部の世界的有力企業と、決まっています。そうした企業は、世界中から最優秀のトップ1%にあたる人材を獲得する採用戦略、ブランド力を持っており、世界的な人材争奪戦はすでにして熾烈でした。日本企業がこのまま乗り遅れていていいのだろうか、という思いを抑えきれませんでした。

 日本人学生も例外ではなく、優秀なトップ層はもれなく上記のような就職先を選びます。国内文系の雄である東京大学法学部の学生も、トップ層はみな外資系を目指し、昔のように大蔵省(現在の財務省)をはじめとする中央官庁を志す人はごく少数なのが現状です。

 また、官庁や大手企業でグローバル人材を育成しようとMBA取得などのため海外留学させた幹部候補生も、結局は帰国後に、上記のような外資系企業へ転出してしまいます。私のソニー時代の同期でも、海外留学した5人全員が、留学後に辞めてしまいました。つまり、日本の中央官庁や大手企業であっても、優秀な学生からは見向きもされなくなっているのです。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
自分の時間を取り戻そう

自分の時間を取り戻そう

ちきりん 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
生産性は、論理的思考と同じように、単なるスキルに止まらず価値観や判断軸ともなる重要なもの。しかし日本のホワイトカラー業務では無視され続け、それが意味のない長時間労働と日本経済低迷の一因となっています。そうした状況を打開するため、超人気ブロガーが生産性の重要性と上げ方を多数の事例とともに解説します。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


柴崎洋平

[フォースバレー・コンシェルジュ株式会社 代表取締役社長]
1998年 上智大学外国語学部卒業後、ソニー株式会社入社。世界10数ヵ国で、 サムスン、モトローラ、ノキアといった世界的なグローバル企業とビジネスを行う。 2007年 ソニー株式会社退社後、 同年、フォースバレー・コンシェルジュ株式会社設立、代表取締役社長就任。世界経済フォーラム(ダボス会議)、Young Global Leaders (YGL) 2013選出。上智大学非常勤講師。


エリート人材獲得競争の最前線

サムスンやグーグルは、新卒でも優秀な学生には1000万円超でオファーするなど、世界の人材獲得競争は熾烈を極める。しかし、日本企業の多くは年功序列であり、採用対象も日本人や日本語のできる外国人が中心だ。本連載では、フォースバレー・コンシェルジュの柴崎洋平社長が、国内外の人材採用支援業務から痛感した、日本企業がグローバル採用で失敗する理由や、世界トップ人材の資質などをまとめ、全6回でお届けする。

「エリート人材獲得競争の最前線」

⇒バックナンバー一覧