ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
大津波の惨事「大川小学校」~揺らぐ“真実”~

「なぜ50分間逃げなかったのか」は明らかにならず
遺族が憤る大川小検証委・中間報告の内容

池上正樹 [ジャーナリスト],加藤順子 [フォトジャーナリスト、気象予報士]
【第24回】 2013年7月12日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
検証委会合の冒頭は全員で黙祷したが、ある委員からカメラのシャッター音が気になると指摘があり、やりなおした(2013年7月7日、石巻市内、コンパクトデジタルカメラで撮影)
Photo by Y.K.

 学校管理下にあった児童74人と教職員10人が、東日本大震災の津波で死亡・行方不明になった宮城県石巻市立大川小学校。3ヵ月半ぶりに開かれた、7月7日の第3回大川小事故検証委員会では、これまで委員たちが調査・収集した情報を基に用意された「中間報告とりまとめ案」についての話し合いが公開された。

 しかし、その中身はすでに遺族が調べてきた事実ばかりで、目新しさはなかった。細かい間違いやあやふやな情報、意図の不明な内容も目立った。しかも、遺族側の求めている「なぜ、51分もの間、学校からほとんど避難しなかったのか?」という事実解明の核心部分の議論は、一切なかった。

 傍聴した遺族たちからは「頼んでもいない検証してるっちゃ!」などと強い怒りの声が上がり、傍聴席では悔しさで涙を流す母親たちもいた。また、市議らの間では「2000万円の(市が拠出した検証)予算を執行停止にさせろ!」という会話も交わされるなど、いったい誰のための第三者委員会なのかが、改めて問われる状況になった。

 検証委が報告した中間とりまとめ案では、冒頭に、作業方針として「基礎的な周辺情報から収集・精査し、徐々に核心部分へ踏み込む」ことで合意されていたことが説明された。「ゼロベースの検証」とするため、市教委の調査をはじめ、遺族が調べてきた様々な情報を精査し、遺族の「知りたい」気持ちに応える情報の検証も行う方針だという。

 また、作業の経緯の説明もあった。大川小学校の裏山に登って調査したり、資料収集を行ったりしたほか、述べ72人から、計32回、65時間の聴き取りを行ったことを明らかにした。室崎益輝委員長(関西学院大教授)から、カメラでの撮影はここまでと退出を求められ、中間とりまとめ案の検討に入った。

避難所は曖昧、津波対策も実施せず
「ずさん」だった事前対策

 今回の第3回検証委会合で話し合われた事実情報は、大きく2つに分かれる。事前対策に関する情報と、事故当日の状況に関する情報だ。まずは、事前対策について見ていく。

 大川小と地域における災害の備えの調査を担当したのは、翠川洋調査委員(弁護士)だ。

 翠川調査委員が改めて確認したのは、大川小の「地震(津波)発生時の危機管理マニュアル」では、「第1次避難」は「校庭等」、「第2次避難」は「近隣の空き地・公園等」と記載があることや、児童の引き渡し相手を確認するための「防災用児童カード」と「児童引き渡し確認一覧表」を校長室書庫に保管するとされていたことなどだ。また、「近隣の空き地・公園等」はひな形の引き写しではなかったものの、具体的な場所や経路についての記載はなかったとした。ただし、当時の教職員たちが、「近隣の空き地・公園」がどこの場所を指していたかの認識については、調査していなかった。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

池上正樹 [ジャーナリスト]

通信社などの勤務を経て、フリーのジャーナリストに。主に「心」や「街」を追いかける。1997年から日本の「ひきこもり」界隈を取材。東日本大震災直後、被災地に入り、ひきこもる人たちがどう行動したのかを調査。著書は『ひきこもる女性たち』(ベスト新書)、『大人のひきこもり』(講談社現代新書)、『下流中年』(SB新書/共著)、『ダメダメな人生を変えたいM君と生活保護』(ポプラ新書)、『あのとき、大川小学校で何が起きたのか』(青志社)など多数。TVやラジオにも多数出演。厚労省の全国KHJ家族会事業委員、東京都町田市「ひきこもり」ネットワーク専門部会委員なども務める。YAHOO!ニュース個人オーサー『僕の細道』

 

加藤順子 [フォトジャーナリスト、気象予報士]

気象キャスターや番組ディレクターを経て、取材者に。防災、気象、対話、科学コミュニケーションをテーマに様々な形で活動中。「気象サイエンスカフェ」オーガナイザー。最新著書は、ジャーナリストの池上正樹氏との共著『あのとき、大川小学校で何が起きたのか』(青志社)。『ふたたび、ここから―東日本大震災・石巻の人たちの50日間』(ポプラ社)でも写真を担当し、執筆協力も行っている。他に、共著で『気象予報士になる!?』(秀和システム)。最新刊は『石巻市立大川小学校「事故検証委員会」を検証する』(ポプラ社)。
ブログ:http://katoyori.blogspot.jp/


大津波の惨事「大川小学校」~揺らぐ“真実”~

東日本大震災の大津波で全校児童108人のうち74人が死亡・行方不明となった宮城県石巻市立大川小学校。この世界でも例を見ない「惨事」について、震災から1年経った今、これまで伏せられてきた“真実”がついに解き明かされようとしている。この連載では、大川小学校の“真実”を明らかにするとともに、子どもの命を守るためにあるべき安心・安全な学校の管理体制を考える。

「大津波の惨事「大川小学校」~揺らぐ“真実”~」

⇒バックナンバー一覧