ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
山崎元のマルチスコープ

それでも変だよ、公的年金運用!

山崎 元 [経済評論家・楽天証券経済研究所客員研究員]
【第288回】 2013年7月17日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

前年度は過去最高益だが
積立金の取り崩しが続くGPIF

 はじめに、GPIFのホームページから、「【参考資料】年金積立金管理運用独立行政法人の中期計画(基本ポートフォリオ)の変更」と題する、公的年金資産の運用検討資料をダウンロードしてみてほしい。

 先般の公的年金の運用方針の変更を決めた検討過程で、使われた資料だ。いくらか探しにくい場所にあるが、ホームページに載っている。これが、今回の拙稿で取り上げる話題の中心だ。

 厚生年金と国民年金の積立金は、通称「GPIF」こと年金積立金管理運用独立行政法人によって運用されている。GPIFはざっと120兆円の資産を運用する世界最大級の機関投資家だ。

 日本の公的年金は、確定給付の企業年金のように、個々の加入者の将来給付に必要な積立金が確保されている積立方式ではなく、現役世代の年金加入者から集めた年金保険料を受給者世代に支払う賦課方式だが、賦課方式のわりには大きな積立金を持っていて、積立金が一種の余裕として機能するのと同時に、積立金の運用益を年金財政に活用しようとしている。

 さて、この積立金の運用は、2012年度(2013年3月末が年度末)にあって、アベノミクスの金融緩和による円安と株価上昇の効果で、約11兆2000億円の利益が出た。利回りは10.23%であり、これは、公的年金の積立金が独立して運用されるようになった2001年以降の最高記録だ。慶賀の至りである。

 しかし、2012年度には4.3兆円が年金の支払いに充てるために取り崩され、運用資産額の純増は約7兆円に止まる。今後、しばらく積立金の取り崩しは続くし、運用が常に昨年度のように好調なわけではない。昨年の好結果を喜ぶとしても、「安心」にはほど遠いように思われる。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

山崎 元 [経済評論家・楽天証券経済研究所客員研究員]

58年北海道生まれ。81年東京大学経済学部卒。三菱商事、野村投信、住友信託銀行、メリルリンチ証券、山一證券、UFJ総研など12社を経て、現在、楽天証券経済研究所客員研究員、マイベンチマーク代表取締役。


山崎元のマルチスコープ

旬のニュースをマクロからミクロまで、マルチな視点で山崎元氏が解説。経済・金融は言うに及ばず、世相・社会問題・事件まで、話題のネタを取り上げます。

「山崎元のマルチスコープ」

⇒バックナンバー一覧