ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
これで絶対後悔しない!35歳からの転職力養成講座

“逃げ出し転職”は絶対失敗する!
転職に向いている時・いない時の見極め方

丸山貴宏 [株式会社クライス・アンド・カンパニー代表取締役]
【第2回】 2013年7月29日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 転職がうまくいくかどうかを左右する大きなポイントの1つに「タイミング」があります。キャリアの中では転職に向いている時、向いていない時があり、判断を間違えないようにすることが大切ですが、あまり意識されていないのが実情です。

 1つ事例を紹介しましょう。

 以前、私がサラリーマン時代にお世話になった先輩が「転職したい」といって当社にやって来ました。若手の頃から実績を出してきたとても優秀な方で、いつもはつらつとお話になるのですが、そのときはどことなく「しんどいオーラ」が漂っていました。実はいまの職場ではあまり活躍できておらず、疲労困憊していたのです。私たちはそういうオーラは決して見逃しません。

 「いまは転職しないほうがよいと思いますよ」

 その時はそうアドバイスしてお帰りいただきました。

 それから2年ほど経った頃、その先輩にぴったりのイメージが湧く案件が出てきたので連絡を取ってみると、以前とは打って変わって元気にご活躍の様子でした。

 「丸山、いまは新しいプロジェクトが忙しくて転職どころじゃないんだ」

 しかし、実はこういう時こそ転職には向いているタイミングです。そうお伝えしてお会いしてみると、しんどいオーラが出ていた時とはまったく雰囲気が変わり、ノリに乗っているオーラに満ち溢れていました。

 そこで「こういう案件がありますが」と提案すると、「大変だけど面白そうだね」と前向きに受け止めていただきました。早速、求人を出している会社のトップとお会いしてもらったところ、即座に採用が決定しました。ちなみにこのときご紹介した案件は上場準備に入ったある企業の部長職で、転職の数年後にこの企業は上場を果たしました。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

丸山貴宏 [株式会社クライス・アンド・カンパニー代表取締役]

1986年滋賀大学経済学部卒業後、リクルート入社。7年間人事担当採用責任者として新卒、中途、留学生、外国人など多岐にわたる採用を担当し同社の急成長を人材採用の側面から支える。退職後現社を設立。リクルートで実践した「企業力を超える採用」の実現のため1000社を超える顧客にそのノウハウを提供、さまざまな分野の支援を実現。また個人へのキャリアコンサルティングは1万名を超え、「個人の本気に火をつける」面談には定評がある。49歳。1963年生まれ、いて座。

 


これで絶対後悔しない!35歳からの転職力養成講座

かつては「35歳が限界」と言われた転職。しかし今では35歳以上のビジネスパーソンも転職ができる時代に変わりつつある。そんな35歳以上の大人が転職する際、人生の重要な決断を失敗しないためには、どのように行動すればよいのだろうか。これまで数多くの人の転職を成功に導いてきたキャリアコンサルタントの丸山貴宏氏が、実践に役立つ35歳以上の転職ノウハウを教える。

「これで絶対後悔しない!35歳からの転職力養成講座」

⇒バックナンバー一覧