ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
起業の戦略論
【第2回】 2013年7月30日
著者・コラム紹介バックナンバー
高宮慎一

2000年代はスタートアップ天国

1
nextpage

スタートアップのための戦略論を解説する連載の第2回。ベンチャー・キャピタリストの投資家である高宮慎一氏から見て、起業のイメージはどのように変化しているか、また現在の日本が起業家にとってどのような環境なのかをまとめてもらおう。

起業はすべてアートなのか?

 日本では「起業というと一発必中で成功しなければいけない、失敗すると人生の落伍者だ」といったようなイメージを抱きがちです。多くの人にとってそれが起業に尻込みする理由になっていると思います。しかし、それは大きな間違いです。

 デザインファームの日本での事業展開を考えるうえで、当初は米国でのデザインファームの生い立ちがそうであったように、具体的な物の開発のコンサルティングや受託が最初に受容されそうだという仮説でした。しかし、クライアント候補や日本のデザイン業界の有識者のヒアリング、米国のデザインファーム本社や日本でのパートナー候補との議論を通じて、むしろクリエーティブをマネージして競争優位に繋げるための戦略、仕組、組織作りなどのより経営コンサルティング寄りのサービスの方が受け入れられそうだということがわかってきました。さらには、インターネットやゲームのベンチャーの話を聞く中で、通常デザインファームの顧客となっていたような大企業以外でも、効果的にクリエーティブをマネージすることでよりイノベーションを起こしやすくするというニーズがあることがわかりました。

 今現在ベンチャー・キャピタリストとして投資先のベンチャーに経営支援をするうえで、デザインファームの考え方は大きく役立っています。

0→1の閃きのようなものは、どこまでいってもアートの世界で、当たる、当たらないは製品を出してみないとわからない“ヒット”ビジネスです。組織の中でも最も希少な天才肌の人材をそのフェーズに集中させ、多産多死で失敗を許容する仕組み、文化を作り上げるマネジメントが重要なのです。

 一方で、1→10のフェーズは完全にサイエンスの世界なので、このフェーズに達したらマネージの方法を完全に切り替えます。ロジカルに製品の開発計画や事業計画を詰め、目標とする成長性なり収益性なりの基準に達しないと判断したら冷徹にプロジェクトを廃止して、貴重なリソースを新規プロジェクトに振りなおします。0→1がヒットビジネスで打率を上げることには限界があるため、1→10のフェーズではいかに効率的に打席数を稼ぐかが重要なのです。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
再起動 リブート

再起動 リブート

斉藤徹 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年12月

<内容紹介>
僕は4回死に、そのたびに復活した。 波瀾万丈のベンチャー経営を描き尽くした真実の物語。 バブルに踊ろされ、金融危機に翻弄され、資金繰り地獄を生き抜き、会社分割、事業譲渡、企業買収、追放、度重なる裁判、差し押さえ、自宅競売の危機を乗り越え、たどりついた境地とは

本を購入する
著者セミナー・予定
(POSデータ調べ、1/8~1/14)


注目のトピックスPR


高宮 慎一(たかみやしんいち)

株式会社グロービス・キャピタル・パートナーズ パートナー Chief Strategy Officer。
グロービス・キャピタル・パートナーズ(GCP) パートナー。GCPではコンシュー マー・インターネット領域の投資を担当。投資先に対してハンズ・オンでの戦略策 定、経営の仕組化、組織造り、国内外の事業開発の支援を実施。GCP参画前は、戦略 コンサルティング会社アーサー・D・リトルにて、プロジェクト・リーダーとしてIT サービス企業に対する事業戦略、新規事業戦略、イノベーション戦略立案などを主 導。GCPでは、アイスタイル(東証3660)、オークファン(東証3674)、しまうまプリン トシステム、カヤック、キューエンタテイメント、ナナピ、ピクスタ、ビヨンド、ラ ンサーズなどへの投資を担当
ブログ:http://www.takamiya.vc/ Facebook:http://www.facebook.com/shin1  Twitter:https://twitter.com/s1kun

 


起業の戦略論

「起業の戦略論」

⇒バックナンバー一覧