ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
柏木理佳 ビジネスで勝つ!中国人との付き合い方

中国人を複数採用した場合、中国人同士の仲の悪さに注意

柏木理佳 [生活経済ジャーナリスト]
【第4回】 2009年8月12日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 「私が採用した中国人2人の仲が悪くて困る」

 日本企業に働く日本人の、困惑した話をよく聞く。

 これは日本でのことである。日本人と違って、中国人には異国で同じ国の出身者同士が助け合って生きていこうという精神は少ないようだ。

 日本人なら、お互いわからないことを教えながらチームワークをうまく築こうとする。教えることで損をするという考え方はなく、いずれ自分のほうからも何かお願いするかもしれないという貸し借りの意識を持っている。

 ところが、中国人の場合、そんな気持ちは毛頭ないようだ。プライベートでも、中国人の知り合いを中国人に紹介しようとしたところ、頑なに拒否されたこともある。

 「海外では日本人は日本人とばかり集まっている」という声をよく聞く。 「日本人クラブ」だけでなく、都道府県ごとに「●●県人会」などまでも開催している。日本人ほどではなくても、韓国やタイ、フィリピンなど多くのアジア出身者は、いろいろなクラブと銘打って固まり助け合う傾向にある。

 しかし中国人の知人はこう言う。「同じ国だからと簡単に信用してはいけない。日本人みたいにいい人ばかりではない。日本に来たばかりの頃は、紹介された中国人に金貸してくれといわれたことがある。それに、いろんなしばりがあるから、紹介しないほうがいいよ。喜ばれないから」

中国人をまとめて
食事に誘ってはいけない

 確かに同じ中国人にも、いろんな人がいるという気持ちはわからないでもない。

 しかし、ビジネスにおいては、理由はそれだけではないようだ。

 中国人は根本的に個人主義であり、チームワークを大事にしない。協調性を求める日本人と違い、個人の能力を伸ばそうと徹底的に能力主義にこだわる。

 つまり、同じ会社に自分以外の中国人が入社したら、その時点でライバル視し「なんで中国人を採用したのか? この会社には中国人は自分だけで不足しているのか?」「自分以外の中国人がなぜ必要なのか?」と採用した日本人に対しても不満を持ち始める。そして、何かと相手の悪口を言うなど、足を引っ張りあう。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

柏木理佳 [生活経済ジャーナリスト]

豪州の大学へ進学後、香港にて勤務。1994年、中国の北京首都師範大学漢語科に留学後、シンガポールで会社設立等に携わる。豪州ボンド大学院MBA取得。中国経済の研究員としてシンクタンク勤務後、嘉悦大学准教授。国土交通省道路協会有識者会議メンバーも務める。現在、嘉悦大学付属産業文化観光総合研究所客員主任研究員、北東アジア総合研究所客員研究員、NPO法人キャリアカウンセラー協会理事。2015年、桜美林大学院にて博士号取得。柏木理佳ホームページ


柏木理佳 ビジネスで勝つ!中国人との付き合い方

金融危機後の世界経済の牽引力として、ますます存在感を高める中国。多くの日本企業にとって、中国との関係強化は重要な課題だ。本連載では、意外と知らない中国人の気質、日本人との相違に着目し、ビジネスの場で中国人と渡り合うためのコミュニケーション術を説く。

「柏木理佳 ビジネスで勝つ!中国人との付き合い方」

⇒バックナンバー一覧