ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
「3次元プリンタ」は、製造業だけを激変させるのか?
【第3回】 2013年8月9日
著者・コラム紹介バックナンバー
田中浩也 [ファブラボジャパン発起人/慶応義塾大学環境情報学部准教授]

ウェブ社会からファブ社会へ
――21世紀の発明家を日本から生むための
「場」としてのファブラボ
慶應義塾大学准教授/Fab9実行委員長 田中浩也氏 特別寄稿【第3回】

1
nextpage

3Dプリンタが持つ真のインパクト――それは製造業だけではなく、教育・社会・暮らし・働き方・生き方・生きがいといった普通の人々の未来にもたらすインパクト――を、「ファブラボ(Fablab)」の実践を通して語る好評記事第3回。
情報だけに浸るウェブ社会から、物質を扱う「ファブ社会」への変化を説く田中浩也氏が前回「最も重要」だと語ったのは、「文字」だけではなく「もの」を読むためのリテラシーと、それを高めるために必要な「ティンカリング=いじくること」の精神。それを受けて今回は、「自分が必要とするものを自分でつくるのに必要な最低限の技術」を身に付けた人々が、次には地域やまちへどんな実践を広げていくのかに迫る。

ガレージカルチャーをいかに生み出すか?
日本から「21世紀の発明家」を生み出すために

 諸外国に行くと、一軒家にガレージや屋根裏部屋があって、そこが「図工室」として使われている様子をよく見る。私たちが小・中学校のとき、「図工(技術)」と「家庭科」の授業を受けたものだが、それに対応するかたちで、家の中にガレージや屋根裏部屋(=図工に相当)と、キッチン(=家庭科に相当)の2つのスペースが設けられているのである。

 ガレージでは、自転車や自動車の修理をはじめ、家や庭のメンテナンス、壊れた機械をいじくることによる発明などが生活の一部として行われている。スティーブ・ジョブスやクリス・アンダーソンの実践は、こうした日常の中から育まれたものであろう。生活と仕事、遊びと学びが橋渡しされるのがこうした場所なのである。こうした文化においては、「ものづくり」は“何かのため”という以前に、生活の基底に当たり前に組み込まれているものなのである。

 翻って、日本はどうだろう。田舎へ行くと納屋や土間などがまだ存在する場所もあるが、都市部のマンションなどでは、一般的に、キッチンはあるがガレージはほとんど備わっていない。つまり、家庭科の実践はあっても図工の実践は乏しい。騒音や粉塵の出る作業は基本的に禁じられている。この住環境が、「ものを読む」ことを私たちの生活から遠ざけてきた一因なのかもしれない。

 しかしよく考えてみれば、だからこそ21世紀の図書館としての「ファブラボ」は、日本の状況下でうまく機能するアイデアなのである。これからマンションや各家庭にガレージや屋根裏部屋を増設するのは非現実的かもしれないが、地域に一つ共同の工房をつくることは現実味があるからだ。その場所は、必然的に地域コミュニティを復活させることにも寄与するだろう

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
いまの科学で「絶対にいい!」と断言できる 最高の子育てベスト55

いまの科学で「絶対にいい!」と断言できる 最高の子育てベスト55

トレーシー・カチロー 著/鹿田 昌美 訳

定価(税込):本体1,600円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
子どもの豊かな心を育て、頭と体を伸ばしていくために親が知っておきたいことについて、最新の科学研究をもとに「最も信頼」できて「最も実行しやすい」アドバイスだけを厳選して詰め込んだ貴重な本。子にかけるべき言葉、睡眠、トイレトレーニング、遊び、しつけまで、これ一冊さえ持っていれば大丈夫という決定版の1冊!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


田中浩也 [ファブラボジャパン発起人/慶応義塾大学環境情報学部准教授]

1975年、北海道札幌市生まれ。京都大学総合人間学部卒業、東京大学大学院工学系研究科博士後期課程修了。博士(工学)。
東京大学生産技術研究所助手などを経て、2005年慶應義塾大学環境情報学部専任講師、2008年同准教授。2010年マサチューセッツ工科大学(MIT)建築学科客員研究員、ファブラボジャパン発起人(ファウンダー)。専門分野は設計科学(デザインサイエンス)、人工物工学(デザインエンジニアリング)。
2010年度に日本人で初めて"How to make almost anything"(ほぼあらゆるものをつくる方法)受講者・修了者となる。新しいものづくりの世界的ネットワークである「ファブラボ(Fablab)」の日本における発起人であり、ファブラボジャパンを立ち上げ、2011年には鎌倉市に拠点「ファブラボ鎌倉」を開設した。
著書に『Fablife―デジタルファブリケーションから生まれる「つくりかたの未来」』(オライリー・ジャパン)、監修書に『Fab―パーソナルコンピュータからパーソナルファブリケーションへ』(ニール・ガーシェンフィールド著、糸川 洋訳/オライリー・ジャパン)などがある。


「3次元プリンタ」は、製造業だけを激変させるのか?

「3次元プリンタ」という言葉を頻繁に聞くようになってきたが、この新しいテクノロジーがもたらす変化や恩恵は、本当に製造業にだけ関わるものなのだろうか? こうした技術革新の可能性を、生活や仕事だけではなく、働き方に至るまで見出そうと活動する「ファブラボ(Fablab)」の日本代表であり、8月21日に控えた世界会議の実行委員長を務める田中浩也氏に、インターネットに匹敵するというその変化の本質について、ご寄稿いただいた。

「「3次元プリンタ」は、製造業だけを激変させるのか?」

⇒バックナンバー一覧