HOME

メタボリック

肝臓

腰痛・肩こり

高血圧・高脂欠症

うつ・ストレス

ニオイ

薄毛

老化防止

禁煙

男の病気

ココロを癒せば会社は伸びる

「ココロのトラブルを抱えた部下」を隠す上司

川西由美子 [EAP総研株式会社 代表取締役社長]
【第9回】

 会社で働く人が体やココロに変調をきたしたとき、それに最初に気づくのは上司のはずです。

 ところが、実際には、「部下が調子を崩したのは、自分のOJTや指示のしかたが悪いせいだ」と思い込んで、部下のトラブルを隠そうとする上司が少なくありません。それはとても怖いことです。

 上司が部下をカウンセリングに行かせないようにしたために、私たちカウンセラーもケア担当者も本人の様子を把握できず、問題を深刻にしてしまうのです。

上司の態度が
部下の症状を悪化させる例

 上司のまずい態度が部下の症状を悪くしてしまう例としては、次のようなものがあります。

◎人事部に報告しない

 仕事のできる人が、ココロのトラブルが原因で不定期に休むようになっても、「人事に報告してしまったら、査定に響いてしまう」と、本人のためを思って隠してしまうケースはよく見られます。

◎「やることをやってから休め」と言ってしまう

 部長は休職することに同意しても、直属の上司である課長がひとこと、「やることをやってから休めよ」と言ってしまうことがあります。それでは部下は休めるはずがありません。精神科医の診断を受けて、「休むように」と言われたのに、まだ会社に出てきている。それを知ったカウンセラーが本人に事情を聞いてみると、「課長からそう言われたんです」と言うのです。そんなときには、すぐに休む必要があるのは言うまでもないでしょう。

◎上司が冷たく突き放す

 上司によっては、「こいつは戦力にならない」と判断すると、本人をケアするのではなく、冷たく突き放してしまう人がいます。その態度の変化を本人が感じた場合もまた、不安から休めなくなってしまい、トラブルを悪化させてしまいます。

 このほかにも、

 「どうせカウンセリングを受けても、『休め』『薬を飲め』『仕事の量を減らせ』としか言われない。受けるだけムダだ」

 と、部下にカウンセリングを受けさせようとしない上司や、

 「カウンセリングを受けると、早退したり、仕事の量を減らしたりするようアドバイスされて、そのことがストレスになるんです」

 という部下の訴えを受け入れて、カウンセリングを受けるのをやめさせてしまう上司もいます。

1 2 3 >>
このページの上へ

川西由美子 [EAP総研株式会社 代表取締役社長]

EAP業界の草分け的存在としてストレス対策に関するテレビ、ラジオ、雑誌のコーディネートをはじめ、企業内の「ココロの健康管理」に関する組織規約づくり、臨床心理士の派遣、社員教育などの講習活動を行っている。また、医療機関や健診機関との積極的な提携を行う一方、プロスポーツ選手などのメンタルトレーニングシステム開発などのメンタルヘルスケア産業の開拓を行っている。
URL: http://www.kawanishi-yumiko.com
URL: http://www.eapjp.com


ココロを癒せば会社は伸びる

成果主義を採用する企業が増える中、一方でその弊害も出つつある。「心」のケアをおろそかにしないことこそが企業の活力の伸ばすポイントだ。

「ココロを癒せば会社は伸びる」

⇒バックナンバー一覧