男のスメルマネジメント
オトコを上げる食事塾 笠井奈津子
【第31回】 2013年8月19日
著者・コラム紹介 バックナンバー
笠井奈津子 [栄養士、食事カウンセラー]

朝食抜き、早食いの人は要注意!
「口臭」がしなくなる食事、簡単に消せる裏ワザ

 男女が数人も集まれば「どんな人が好み?どんな人がNG?」なんて会話になることがある。先日、“かなり年上の男性でもありかなしか”という話題が出たとき、1人の女性が言い放った。

 「年上でも、おじさんでも、口臭がしなければあり。私、口臭は本当にダメなんだ」

 そこまで断言せずとも、その場にいた女性の中で「えー、私は口臭なんて気にならないなー」という人がいなかったのは言うまでもない。

 “気になる異性のみだしなみ”を問うアンケート(アイデム「ビジネスマナーに関する調査」)では、約54%もの男性が「メイクの濃さ」と答えたのに対し、約60%の女性があげたのは「口臭や体臭」だった。臭いは恋愛においても仕事においても意外と大きな影響を与えていそうだ。

 ちなみに、口臭の定義は「口あるいは鼻を通して出てくる気体のうち、社会的容認限度を超える悪臭」なのだそうだ。そういわれるとなんだかすごそうな臭いに思えるが、多かれ少なかれ、対処していきたい問題であることに変わりはない。口臭の原因は様々で、歯科での治療が必要なものももちろんある。今回の連載では、食と生活の中で改善できるものを探っていきたいと思う。

朝食を食べないから歯磨きしない!?
絶対にやめるべき「口臭の原因」

 まずは、朝起きたときの口臭や、食後に歯を磨かなかったときの3時間後くらいの口臭。これは、睡眠中に口の中で細菌が繁殖したり、歯にはさまった食べかすが腐食しはじめることで起こる。こうしたものは食事をしたり、歯を磨いたり、うがいをしたり、ということで対処することができるものだ。

 口腔内の細菌がもっとも繁殖するのは就寝中。だから、家を出る直前に飛び起きて、朝食もとらず、食べていないから良いだろう、と思って歯も磨かずに出社しているような人は危険だ。朝食を食べる習慣がなかったとしても、朝起きたら口をすすぐこと!雑菌を洗い流す作業を決して忘れてはならない。


SPECIAL TOPICS

笠井奈津子 [栄養士、食事カウンセラー]

東京都生まれ。聖心女子大学文学部哲学科を卒業後、栄養士免許取得。現在、栄養士、食事カウンセラー、フードアナリストとして活躍中。都内心療内科クリニック併設の研究所での食事カウンセリングやセミナーなどで、これまでに携わった8000通り以上の食事記録をもとに食事指導を行っている。また、“食卓に笑顔を”の願いのもと、『Smile table』を主宰し、ビジネスマン向けに企業内研修、カウンセリングをするほか、ワークショップなども実施している。最新の情報などはこちらへ。
著書には『甘い物は脳に悪い』『成功する人は生姜焼き定食が好きだ』がある。
文化放送「オトナカレッジ・健康学科」に隔週木曜日出演中。詳しくはこちらから→オトナカレッジHP
ポッドキャスト「オトナカレッジ・聴く図書館」でも聴けます。番組紹介動画はこちら

 


オトコを上げる食事塾 笠井奈津子

男も35歳を過ぎれば、体のあらゆるところにガタがくるもの。昨日の酒がなかなか抜けない、太りやすくなった、集中力が続かない、髪の毛がよく抜ける…。そんな症状を食事で改善できるとしたら?経営者や管理職セミナー、企業研修で多くの男性ビジネスパーソンの食事を指導している栄養士・食事カウンセラーの笠井奈津子氏がデキる&モテるビジネスパーソンになるための食事のルールをご紹介。健康的で若々しい体は食事からつくっていきましょう。

「オトコを上げる食事塾 笠井奈津子」

⇒バックナンバー一覧