ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
inside Enterprise

NECがスマホ撤退で口火
高まる他メーカーの追随観測

週刊ダイヤモンド編集部
2013年8月27日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
携帯電話事業の人員はインフラ事業へ移す。「無線技術の応用が利く」(川島CFO。写真)という
Photo by Hiroyuki Oya

 スマートフォン時代へのシフトに失敗した携帯電話メーカーが、苦境にある。

 口火を切ったのはNECだった。「携帯電話事業は明確に持っていたい」。かねて、そう言い続けてきた遠藤信博社長だったが、7月31日、NECは携帯電話の主流となった、スマホからの事業撤退を発表。従来型の携帯電話の開発と生産は継続するものの、スマホは新製品の開発を中止、現行機種で生産と販売を終了した。

 これまで遠藤社長が携帯電話事業にこだわってきた背景には、NECならではの事情がある。

 NECの事業構成は大きな2本柱に支えられている。その一つが、官公庁や企業に対してクラウドや会計システムなどのITシステムを構築する、「ITソリューション」事業だ。売上高の4割を占め、営業利益も最高額を稼ぎ出す。

 そのITソリューションの提供には、「人との接点が重要」(遠藤社長)であり、重要な“接点”の一つがスマホだったからだ。

 例えば、NECは住友信託銀行(現三井住友信託銀行)へ外勤支援システムを納めているが、営業マンが外出先でシステムへアクセスし、顧客情報などを確認するのに使う端末がスマホなのだ。こうしたケースでは、ITシステムから端末まで一括で顧客へ提供できることに強みがあり、そこに携帯電話事業を続ける意味があると、NECは訴え続けてきた。

 ところが、そんな“持論”も吹き飛ぶほど、NECの携帯電話事業は悪化。昨年末時点で、遠藤社長は「単独での事業規模が不十分」と語っていたが、当時NECが見積もっていた携帯電話の販売台数は、430万台。しかし、2012年度の最終的な販売実績は290万台と、予想を大きく下回る。ピーク時の5分の1以下だ。

次のページ>> パナソニックも俎上に
1
nextpage

今週の週刊ダイヤモンド

2017年2月25日号 定価710円(税込)

特集 弁護士・裁判官・検察官 司法エリートの没落

知られざる法曹界の真実

【特集2】
サントリーと創業家
グローバル化への試練

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購読いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


inside Enterprise

日々刻々、変化を続ける企業の経営環境。変化の中で各企業が模索する経営戦略とは何か?『週刊ダイヤモンド』編集部が徹底取材します。

「inside Enterprise」

⇒バックナンバー一覧