ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
利益や売上げばかり考える人は、なぜ失敗してしまうのか――目的工学[入門編]
【第17回】 2013年9月18日
著者・コラム紹介バックナンバー
井上英之,紺野登 [多摩大学大学院教授、KIRO(知識イノベーション研究所)代表]

第三世代の社会起業家たちが駆使する
「セオリー・オブ・チェンジ」とは何か?
対談:井上英之×紺野登(前編)

1
nextpage

社会起業家の育成・輩出に従事してきた慶應義塾大大学院政策・メディア研究科 特別招聘准教授の井上英之氏と、『利益や売上げばかり考える人は、なぜ失敗してしまうのかーードラッカー、松下幸之助、稲盛和夫からサンデル、ユヌスまでが説く成功法則』の著者、目的工学研究所所長の紺野登氏との対談を3回に分けてお送りする。第1回は、世界の企業が今なぜ、ソーシャル・イノベーションへと向かうのか、そして、その重要なキーワード「セオリー・オブ・チェンジ」とは何か、について。(構成/曲沼美恵)

ソーシャル・アントレプレナーから
ソーシャル・デザイナーの時代へ

紺野 井上さんは以前、ワシントンDC市政府やアンダーセン・コンサルティング(現アクセンチュア)で勤務されたご経験もあり、現在は日本国内における社会起業家の育成・輩出に深く関わる活動をされています。国内外のソーシャル・イノベーション事情にも詳しいので、今日は是非、その最新動向と目的工学の関係について2人でじっくり話してみたいと思い、お時間をいただきました。

 対談のテーマであるソーシャル・イノベーションを直訳すれば、「社会変革」という意味になります。今、世界中の大企業や若い起業家たちがこの大きな変革へと向かっています。ビジネスで言うとかつてそれは傍流、もっとはっきり言えば、「あまり儲からない分野」だと考えられていましたが、今はむしろ、そこに本気で取り組まなければ未来がない、とさえ言われています。

 日本でも、日立や富士通、NECなどの大企業もソーシャル・イノベーションの重要性を謳い始めてはいますが、一般的にはその本質が十分に理解されているとは思えません。ですから、今日はまず「今なぜ、ソーシャル・イノベーションなのか」「それが企業にとってどんな意味があるのか?」というあたりから話してみたいと思うのですが、いかがでしょう?

井上英之(いのうえ・ひでゆき)
1971年東京都生まれ。慶応義塾大学卒業後、ジョージワシントン大学大学院に進学(パブリックマネジメント専攻)。ワシントンDC市政府、アンダーセン・コンサルティング(現アクセンチュア)を経て、NPO法人ETIC.に参画。
2001年より日本初のソーシャルベンチャー向けビジネスコンテスト「STYLE」を開催するなど、国内の社会起業家育成・輩出に取り組む。2005年、北米を中心に展開する社会起業向け投資機関「ソーシャルベンチャー・パートナーズ(SVP)」東京版を設立。2009年、世界経済フォーラム(ダボス会議)「Young Global Leader」に選出。2010年鳩山政権時、内閣府「新しい公共」円卓会議委員。2011年より、東京都文京区新しい公共の担い手専門家会議委員、など。現在、慶應義塾大学大学院 政策・メディア研究科特別招聘准教授。2012年秋より、日本財団国際フェローとして、米国スタンフォード大学客員研究員として滞在中。

井上 そうですね、僕はまず、今回、紺野さんらが書かれた本を読み、2000年以降、ずっとかかわってきたソーシャル・イノベーションの分野と本質的に重なる部分が非常に多い、と感じました。本の中で「コンシャス・キャピタリズム」(理性ある資本主義)が叫ばれるようになってきた現状について書かれていましたが、これはまさに今、米国のビジネスや、私のいるカリフォルニアでも巻き起こっている強い流れだと思います。

 少し、これまでの流れを整理しながら説明しますと、ひとくちに社会起業と言っても、じつは3つの世代に分けられると思います。第一世代はビジネスで大きく成功し、晩年、リタイアしてから社会に貢献しようとした人たち。その典型はロックフェラーで、彼らはいわゆる財団のような組織を持ち、ドラッカーの言う「第二の顧客」的立場で寄付行為を通じて社会を変革していこうとしました。

 続く第二世代は90年代後半、ちょうどネットベンチャーブームに乗って出てきたより若い世代です。その中心地はサンフランシスコのベイエリアやシアトル、ボストン、テキサス州のダラスなど。ITベンチャーやコンサルティング会社、金融関係で成功した若手が、早期引退し、それまでのビジネススキルを活かして社会的な活動を始めた。

 この2つの世代はどちらも引退時期の早い・遅いの違いはあっても、最初にまずビジネスで成功し、次に社会貢献、という順番でものごとを進めて行った点で共通しています。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
まいにち小鍋

まいにち小鍋

小田真規子 著

定価(税込):本体1,100円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
簡単で安くて、ヘルシー。ポッカポカの湯気で、すぐにホッコリ幸せ。おひとりさまから共働きのご夫婦までとっても便利な、毎日食べても全然飽きない1〜2人前の小鍋レシピ集!「定番鍋」にひと手間かけた「激うま鍋」。元気回復やダイエットに効く「薬膳鍋」や、晩酌を楽しみたい方に嬉しい「おつまみ鍋」など盛り沢山!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


井上英之 (いのうえ・ひでゆき)

1971年東京都生まれ。慶応義塾大学卒業後、ジョージワシントン大学大学院に進学(パブリックマネジメント専攻)。ワシントンDC市政府、アンダーセン・コンサルティング(現アクセンチュア)を経て、NPO法人ETIC.に参画。
2001年より日本初のソーシャルベンチャー向けビジネスコンテスト「STYLE」を開催するなど、国内の社会起業家育成・輩出に取り組む。2005年、北米を中心に展開する社会起業向け投資機関「ソーシャルベンチャー・パートナーズ(SVP)」東京版を設立。2009年、世界経済フォーラム(ダボス会議)「Young Global Leader」に選出。2010年鳩山政権時、内閣府「新しい公共」円卓会議委員。2011年より、東京都文京区新しい公共の担い手専門家会議委員、など。現在、慶應義塾大学大学院 政策・メディア研究科特別招聘准教授。2012年秋より、日本財団国際フェローとして、米国スタンフォード大学客員研究員として滞在中。

紺野登 [多摩大学大学院教授、KIRO(知識イノベーション研究所)代表]

多摩大学大学院教授、ならびにKIRO(知識イノベーション研究所)代表。京都工芸繊維大学新世代オフィス研究センター(NEO)特任教授、東京大学i.schoolエグゼクティブ・フェロー。その他大手設計事務所のアドバイザーなどをつとめる。早稲田大学理工学部建築学科卒業。博士(経営情報学)。
組織や社会の知識生態学(ナレッジエコロジー)をテーマに、リーダーシップ教育、組織変革、研究所などのワークプレイス・デザイン、都市開発プロジェクトなどの実務にかかわる。
著書に『ビジネスのためのデザイン思考』(東洋経済新報社)、『知識デザイン企業』(日本経済新聞出版社)など、また野中郁次郎氏(一橋大学名誉教授)との共著に『知力経営』(日本経済新聞社、フィナンシャルタイムズ+ブーズアレンハミルトン グローバルビジネスブック、ベストビジネスブック大賞)、『知識創造の方法論』『知識創造経営のプリンシプル』(東洋経済新報社)、『知識経営のすすめ』(ちくま新書)、『美徳の経営』(NTT出版)がある。


利益や売上げばかり考える人は、なぜ失敗してしまうのか――目的工学[入門編]

「手段の時代」から「目的の時代」へ――手段にとらわれすぎると、本質を見失う。リーマン・ショックの経験を経て、世界じゅうの先覚者たちが、目的の重要性を唱え始めた。まず「利益」ではなく、「よい目的」を考えるビジネスを実践するために、私たちにできることは何か。はじまった目的工学の取り組みをさまざまな形で紹介していく。

「利益や売上げばかり考える人は、なぜ失敗してしまうのか――目的工学[入門編]」

⇒バックナンバー一覧