ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
いまこそ読みたい! ダイヤモンド社100年100冊
【第23回】 2013年9月12日
著者・コラム紹介バックナンバー
坪井賢一 [ダイヤモンド社論説委員]

日本が進むべき道は10年前に説かれていた!
数学不要の「経済学思考」のトレーニングブック
『経済学思考の技術――論理・経済理論・データを使って考える』

1
nextpage

『ロジカル・シンキング』(照屋華子・岡田恵子著、東洋経済新報社、2001年)の刊行以後、ビジネスの分野でその重要性が語られてきたロジカル・シンキング。意思決定をはじめ様々な場面で必要となるこの思考法は、すでにビジネス・パーソンの学ぶべきスキルとして欠かせないものになっています。今回紹介する『経済学思考の技術――論理・経済理論・データを使って考える』は、そのロジカル・シンキングを下敷きに、経済学への理解を深めさせてくれる名著です。数学はまったく使わずに、ビジネスでの実践力が身につく本書はまた、刊行時の10年前に日本経済の現在の課題といま進むべき道を導き出していました――。

ロジカル・シンキングに裏付けされた
「経済学思考」10の基本ルール

飯田泰之著『経済学思考の技術――論理・経済理論・データを使って考える』
2003年12月刊行。サブタイトルにもあるとおり、ロジカル・シンキングに加え、経済理論・データを駆使することで、ビジネスに活かせる思考を身につかせるというコンセプトが読者の支持を得ました。

 ちょうど10年前に刊行された本書、『経済学思考の技術――論理・経済理論・データを使って考える』は、当時28歳の飯田泰之氏が書き下ろした経済学初学者向けのユニークなテキストです。論理思考術(ロジカル・シンキング)のイロハから始まり、重要な経済学の法則や理論を解説しつつ、日本経済の実態を解明していくという本書は、10年経った現在でもまったく古くなっていない驚異的な教科書です。

 著者はまず、全編をつらぬく目的をこう説明します。

 本書はその名のとおり「経済学」に関する本です。しかし、大学で学ぶ経済学のコンパクト版でもなければ、資格試験攻略のための手引き書でもありません。本書は「経済学思考」のトレーニングブックなのです。
(3ページ)

 そして、本書の「最終目標」を設定します。

・「経済学思考」を身につけ
・それに基づく経済原則を知り
・自分の手で現実の経済・ビジネスを考える実践力を身につける
(3ページ)

 単純化して突き詰めること、データによって確認することを「経済学思考」の基礎としたうえで、「経済を考えるための、経済学思考の基本ルール10」を挙げます。この10のルールは本書のあちこちに出現し、読者を脱線しないようにしてくれます。

1. 論理的に語らなければならない
2. データに裏付けられた論理で語らなければならない
3. 人はインセンティブに従って行動する
4. 個人がアクセスできるフリーランチはない
5. 市場均衡は非常に良い性質を持っている
6. 価格の調整は緩慢にしか行われない
7. 経済状態は自己決定的な性質を持つ
8. グロス(総額)だけではなくネット(純額)で考える
9. 名目変数と実質変数には区別が必要
10. 正しい単純化・正しい論理構成・正しいデータ確認から導いた結論は常識に勝る
(16ページ)

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
自分の時間を取り戻そう

自分の時間を取り戻そう

ちきりん 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
生産性は、論理的思考と同じように、単なるスキルに止まらず価値観や判断軸ともなる重要なもの。しかし日本のホワイトカラー業務では無視され続け、それが意味のない長時間労働と日本経済低迷の一因となっています。そうした状況を打開するため、超人気ブロガーが生産性の重要性と上げ方を多数の事例とともに解説します。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


坪井賢一 [ダイヤモンド社論説委員]

1954年生まれ。78年早稲田大学政治経済学部卒業後、ダイヤモンド社入社。「週刊ダイヤモンド」編集長などを経て現職。著書に『複雑系の選択』『めちゃくちゃわかるよ!経済学』(ダイヤモンド社)『浦安図書館を支える人びと』(日本図書館協会)など。


いまこそ読みたい! ダイヤモンド社100年100冊

ダイヤモンド社は2013年5月1日に創立100年を迎えることになりました。雑誌を追う形で始まった書籍事業も、ビジネスジャンルを中心に刊行点数は1万点を優に超えています。

書籍は、その時々の経済環境や流行など世相を色濃く反映しているものが多数を占めますが、時代を超えて読み継いでもらいたい名著が、私達の書棚にはたくさん並んでいます。

本連載は100周年を記念し、普遍の名著と呼ばれる作品から、今だからこそ読みたい隠れた名作まで、有名無名織りまぜた100冊を紹介していきます。ダイヤモンド社が誇るベテラン執筆陣の、単なる書評にとどまらない論説をご期待ください!

 

「いまこそ読みたい! ダイヤモンド社100年100冊」

⇒バックナンバー一覧