ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
戦略参謀
【第10回】 2013年9月13日
著者・コラム紹介バックナンバー
構成:稲田将人

第10回
企業はなぜ成長、低迷を繰り返すのか?
【解説】第2、第3の成長には参謀機能が求められる

1
nextpage

企業改革に伴う抵抗や落とし穴などの生々しい実態をリアルに描いたビジネス小説『戦略参謀――経営プロフェッショナルの教科書』。連載の最終回では、第1章の解説パートの後半をご紹介致します。

第2、第3の成長には、参謀機能が求められる

 第2、第3の成長の実現を果たすために行うべきは、最初のS字曲線の成長を描いた際と同じです。

 ただし、大きな違いは事業規模と組織が大きくなっていること、そして、一度成功体験を持った幹部が増え、その中には、多かれ少なかれ「幼稚なプライド」を持った社員が含まれるということです。

 会社によってはこの時期を、全てを創業者が決定する完全集中型のマネジメント体制を再度とることで乗り越えようとする場合があります。

 しかし、残念ながらこれはなかなかうまくいきません。

 かつて日本最大の小売業チェーンとなったダイエーグループをつくった中内㓛氏も、V字改革の半ばで自身が最前線に返り咲きましたが、あの規模まで大きくなった事業体を、かつてのやり方で回復させることはできませんでした。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
自分の時間を取り戻そう

自分の時間を取り戻そう

ちきりん 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
生産性は、論理的思考と同じように、単なるスキルに止まらず価値観や判断軸ともなる重要なもの。しかし日本のホワイトカラー業務では無視され続け、それが意味のない長時間労働と日本経済低迷の一因となっています。そうした状況を打開するため、超人気ブロガーが生産性の重要性と上げ方を多数の事例とともに解説します。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR



戦略参謀

大手紳士服チェーン「しきがわ」の販売スタッフ高山昇は、ある日、経営幹部の目の前で給与制度を批判したことから、新設の経営企画室に異動させられてしまう。しかし、高山は、持ち前の正義感と行動力を武器に、室長の伊奈木とコンサルタントの安部野の助力を得ながら、経営改革の推進役=戦略参謀として一歩ずつ成長する。社内の地雷を踏みまくりながら、愚直に改革に取り組む主人公の姿を通して、経営企画の仕事とは何か、そして、企業改革のあり方をリアルに描く。

「戦略参謀」

⇒バックナンバー一覧