ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
戦略参謀
【第9回】 2013年9月12日
著者・コラム紹介バックナンバー
構成:稲田将人

第9回
企業はなぜ成長、低迷を繰り返すのか?
【解説】長期低迷から抜け出すためにするべき三つのこと

1
nextpage

企業改革に伴う抵抗や落とし穴などの生々しい実態をリアルに描いたビジネス小説『戦略参謀――経営プロフェッショナルの教科書』。これまで8回にわたり第1章のストーリーを紹介してきました。残り2回の連載では、第1章の解説パートをご紹介致します。

企業の盛衰はどうして起きるのか?

 企業には、歴史における国家と同様、規模の大小にかかわらず、必ずその盛衰があります。米国のフォードやGMクラスのような、名実ともに世界最高水準の規模とレベルにあった企業でも、企業としての存続が問われる状態になることもあります。

 規模が大きく、世界中からも注目されている企業の場合、凋落の原因追究、つまり「失敗の本質」を解明する記事や論文などが出ます。

 多くの場合、その解説は、戦略的な判断のミスに帰着しますが、果たして戦略論を主軸にして語るのが適切なのでしょうか?

 「戦略は実践されて、はじめて価値がある」

 この言葉に異を唱える人はいないでしょう。

 成功した企業が、戦略的に正しい方向性を示していたのはまちがいありませんが、実際に成否を分けたのは、1. その戦略的な方向性に沿った実践力と、2. 素早く的確な方向修正能力の二つだといえます。

 最初の成長期のあと、そのまま衰退していってしまう会社が多い一方で、第2、第3の成長を実現し、結果として、成長を持続できている会社も少なくありません。

 この違いはどこにあるのでしょうか?ここではまず、企業の盛衰はどう起きるのかから考えてみましょう。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
コピー1枚とれなかったぼくの評価を1年で激変させた 7つの仕事術

コピー1枚とれなかったぼくの評価を1年で激変させた 7つの仕事術

Shin 著

定価(税込):本体1,400円+税   発行年月:2017年7月

<内容紹介>
たった1年で、ド落ちこぼれを外資系コンサルティングファームのマネジャーにまで成長させた超実践的成長ノウハウ! 「指摘のドラフトメール一元化」「最強のTodoリスト」……などコピー取りすらろくにできなかった20代の若手コンサルタントが、自分を変えるために必死で考えたオリジナルの7つの仕事術を紹介。

本を購入する
著者セミナー・予定

(POSデータ調べ、7/2~7/8)




戦略参謀

大手紳士服チェーン「しきがわ」の販売スタッフ高山昇は、ある日、経営幹部の目の前で給与制度を批判したことから、新設の経営企画室に異動させられてしまう。しかし、高山は、持ち前の正義感と行動力を武器に、室長の伊奈木とコンサルタントの安部野の助力を得ながら、経営改革の推進役=戦略参謀として一歩ずつ成長する。社内の地雷を踏みまくりながら、愚直に改革に取り組む主人公の姿を通して、経営企画の仕事とは何か、そして、企業改革のあり方をリアルに描く。

「戦略参謀」

⇒バックナンバー一覧