ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
デジタル流行通信 戸田覚

プロ並みの高音質を実現したICレコーダーが登場

戸田 覚 [ビジネス書作家]
【第22回】 2008年4月7日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 ICレコーダが安定した人気を保って売れている。会議などの録音に加え、語学学習に利用している人も多い。最近では、本体にメモリーを内蔵するタイプが普通となり、安価な製品は5000円程度から買えるようになった。20年前までは、カセットテープに録音するのが当たり前だったことを考えると、驚くほどの進化だ。

 さらに、最近注目を集めているのがPCMレコーダーだ。「リニアPCMフォーマット」に対応するレコーダーで、非圧縮の録音ができるのだ。

 我々が普段聞いている音は圧縮されているものがほとんどだ。ICレコーダーや携帯オーディオプレーヤーのMP3は当然として、音楽CDも圧縮されている。

 非圧縮の魅力は、当然音がよいことである。

オリンパスのLS-10
オリンパスのLS-10(実売価格約5万円)は、この春から発売が始まった人気モデル。ICレコーダーに強いオリンパスが、満を持して投入した製品だ。

 さっそく取材に出かけたオリンパスで非圧縮の音を聞かせてもらった。確かに音は良く、高級モデルのICレコーダーと聞き比べても、違いがわかる。特にノイズの少なさは特筆ものだ。

 「確かに、人の声を録音するのであれば、ICレコーダーで十分だと思います。音楽や自然の音など、別の用途を目指して作った製品です」(オリンパスイメージング株式会社 営業本部国内営業統括部営業企画1グループ課長代理 渡邊嘉巳氏)

 PCMレコーダーを購入している主な層は、自分で演奏している音楽好きや鉄道の音などを録音したいマニアックな人達だ。

 実は、PCMで録音することは、1980年代後半からできていた。マニアックな層は、DAT規格のデジタル対応テープで録音していたのである。だが、敷居が高く、本当のマニアかプロ用の機器として普及していた。

 ところが、技術が進化し、記録媒体のコストが下がることでデジタルのテープメディアと同等か、それ以上の容量がメモリーに記録できる時代が到来した。96KHz 24bitという超高音質でも、PCMレコーダーが内蔵する2MBメモリーで1時間近く録音できる。8GBのSDカードを利用すると、3時間以上録音できるのだ。もはやDATの音質を超えているのだ。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

戸田 覚[ビジネス書作家]

1963年東京生まれ。ビジネス書作家、コンサルタント。株式会社アバンギャルド、有限会社戸田覚事務所代表取締役。ハイテク、パソコン、成功する営業のコツ、新商品開発、新事業開発といったテーマを中心に、執筆、出版プロデュース、講演、コンサルティングに携わる。ビジネス誌、パソコン誌、情報関連雑誌をはじめとして多数の連載を抱える。
著書に『あのヒット商品のナマ企画書が見たい!』『プレゼンの極意を盗め!』(以上、ダイヤモンド社)、『すごい人のすごい企画書』(PHP研究所)、『仕事で使える!クラウド超入門』(青春出版社)、『LinkedIn人脈活用術』(東洋経済新報社)など多数がある。
著者ブログ:http://www.toda-j.com/weblog/
株式会社アバンギャルドHP:http://www.avant-garde.jp/


デジタル流行通信 戸田覚

PC、携帯、家電、ウェブ、ITサービス、ITソリューションなど、デジモノ&IT全般にかかわる最新トレンドを、ビジネス作家・戸田覚が毎回鋭い視点でレポートしていくコラム。

「デジタル流行通信 戸田覚」

⇒バックナンバー一覧