就職率95%以上が
9校もランクイン
院は100%も多数

 一橋大学、名古屋工業大学、東京薬科大学、お茶の水女子大学、そして東京大学──。

 これは、『週刊ダイヤモンド』が全国の638大学を対象に独自にまとめた「就職に強い大学総合ランキング」のトップ5だ。

 大学の就職率をベースに、上場企業、公務員、そして国家公務員への就職率を加味し、100点満点でランキングしたもの。といっても、大学側が喧伝している就職率は使わず、派遣社員やパートなど非正規社員を就職者として含まない「真」の就職率を独自にはじき出して使っている。

 就職には定評のある一橋大を筆頭に、工業大学や薬科大学といった理系の大学がずらりと並び、“理高文低”を印象づける。理系のある女子大学もランクインするなど、「リケジョ」ブームも裏づけられた形だ。

 とはいえ、単科大学は別にして、総合大学には文系学部と理系学部が併存している。

 そこで、『週刊ダイヤモンド』10月12日号ではより詳細に分析するために、全国2100学部・大学院を対象とし、学部ごとの就職率を他誌に先駆けて初めてランキング化した。

 ランキングの詳細については、『週刊ダイヤモンド』10月12日号をご覧いただきたいが、上位9学部までが95%を超えるなど、理系学部の強さは圧倒的。学部はさまざまで、工学部や農学部といった伝統的な学部はもちろん、環境、バイオ、システム関連といった学部も入っている。大学院に至っては15学部までがすべて100%だ。

 とはいえ、文系学部の中にも健闘しているところはある。教育学部や、就職に定評のある国立大学も上位にランクインしている。