ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
金融市場異論百出

イエレン新議長にのしかかる
FRB内の政治力学

加藤 出 [東短リサーチ代表取締役社長]
2013年10月28日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 ジャネット・イエレンは、タカ派が強烈な主張を行っている今のFOMCでリーダーシップを発揮できるか?

 オバマ米大統領は、紆余曲折を経て、イエレンFRB副議長をバーナンキの後任に指名した。彼女自身はバーナンキと同様の(あるいはより強めの)ハト派である。本来、FOMCでは議長の考えが政策決定に色濃く反映される。それ故、米株式市場はイエレンが指名されたことを好感した。しかし、情勢は実はそう単純ではない。

 FOMCは合議制であるが故に、議長は他のメンバーの主張を完全に無視することができない。特にタカ派が超金融緩和策の副作用を心配して、QE3継続反対論を強力に展開している今の状況ではなおさらだ。有力FedウオッチャーであるライトソンICAPのクランドル・チーフエコノミストがそういった力学を鋭く分析しているので以下に紹介してみよう。

 バーナンキは議長を務めて今年で8年目となる。金融危機対応策を成功させてきたこともあって、彼はFOMC内で政治的資本を厚く積み上げてきた。通常であれば、大半の地区連銀総裁が「バーナンキ議長が言うのだから、仕方がない」と服従しても不思議はない局面である。しかし、今年に入ってFOMCではタカ派の地区連銀総裁による“レジスタンス”が一段と表面化した。議事要旨によると、3月には「多くのメンバー」が夏までにQE3の減額を開始するよう主張、6月には「およそ半数のメンバー」が年末までにQE3を終了するよう求めた。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


金融市場異論百出

株、為替のように金融市場が大きく動くことは多くないが、金利の動向は重要だ。日本を代表する日銀ウォッチャーが金融政策の動向を分析、金融政策の動向を予測する。

「金融市場異論百出」

⇒バックナンバー一覧