ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
inside Enterprise

JALの扉をこじ開けた
エアバスCEOの“粘り腰”

週刊ダイヤモンド編集部
2013年11月7日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
2002年のJAL・JAS統合以来、日本航空がエアバス製品を購入するのは初めてとなる
Photo by Ayako Suga

 来日した欧州航空大手エアバス社のファブリス・ブレジエCEOは意気揚々としていた。現在、日本におけるシェアは13%にもかかわらず、「20年後には5割にしたい」と、掲げた目標の大きさが物語っている。

 それもそのはずだ。わずか3週間前に、日本で“大金星”を収めたばかりだからだ。10月7日、日本航空(JAL)が長距離路線用の中型機として、エアバスのA350型機を大量発注した。31機のカタログ価格は9500億円というビッグディールで、日本の航空市場における勢力図が大きく塗り替わった瞬間だった。

 世界の航空機市場は米ボーイング社とエアバスで二分するが、こと日本においてはボーイングが8割超と圧倒的なシェアを握ってきた。戦後の防衛・航空政策など政治的要因と複雑に絡み合っていたためだ。

 その一角を崩されただけあって、「取引を勝ち取れなくてがっかり。しかしJALが引き続きビッグカスタマーであることに変わりはない」とボーイングのランディ・ティンゼス マーケティング担当バイス・プレジデントは、落胆の色を隠さない。一方で、「エアバスは、目標数字を洗い出して根拠を示すべき」と早速ジャブを入れることも忘れない。

製造業との関係にも影響

 ボーイングの強みは「大型機から小型機までそろう商品の豊富さと日本サプライヤー(製造業)とのパートナー関係」(ティンゼス氏)にある。日本からの部品調達は、最新鋭の中型機B787型機では35%に及び、2015年には年間50億ドル(約5000億円)を見込む。

 一方のエアバスは日本企業からの部品調達が年間10億ドルにとどまっているものの、「上限を設けるつもりはない」と今後は積極的に増やしていく予定だ。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


inside Enterprise

日々刻々、変化を続ける企業の経営環境。変化の中で各企業が模索する経営戦略とは何か?『週刊ダイヤモンド』編集部が徹底取材します。

「inside Enterprise」

⇒バックナンバー一覧