ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
データを武器にする
【第6回】 2013年11月15日
著者・コラム紹介バックナンバー
渡辺啓太

8点先取したチームの72%が勝つ!?
眞鍋政義監督の仮説力

1
nextpage

白熱の試合が続く、バレーボールの世界大会「ワールドグランドチャンピオンズカップ2013」(グラチャン2013)、11/15(金)からはタイ、ドミニカ共和国、ブラジルとの3連戦となる火の鳥NIPPON。
バレーボール観戦が楽しくなる、さらには仕事にも役立つ、「上司を動かすデータ戦略」についてお話を伺いました。組織のリーダーである眞鍋政義監督はデータをどのように活用しているのでしょうか?

真っ先に口説くべきは
リーダー・眞鍋政義監督

 最後に、バレーボールの試合観戦がより楽しくなるような、データのお話をしたいと思います。

  データをフル活用したければ、真っ先に口説き落とさなければいけない相手がいます。それが意思決定者たるリーダー。私の場合、全日本女子チーム「火の鳥NIPPON」を率いる眞鍋政義監督です。

  データ分析というと、そのノウハウや手法が注目されがちですが、集計や分析はあくまでも下ごしらえ。データは現場でこそ輝くもの。分析したデータを現場で活用してもらうための最初のハードルが、実は意思決定者、つまり現場のリーダーに受け入れてもらうことなのです。

  仮に「そんなもの意味がない」とリーダーに突っぱねられてしまえば、膨大なデータも無用の長物。

  繰り返しますが、現場で活用されて初めて、データは武器になるのです。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
  • ダイヤモンド・オンライン 関連記事
    お金のウソ

    お金のウソ

    中野晴啓 著

    定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2017年7月

    <内容紹介>
    誰も教えてくれなかった「お金の真実」!親の言うことを聞いているとお金が減る。 20代、30代がこれから生き抜くための本当に必要で最低限の知識。 成長なき「成熟経済」の時代に、お金を着実にふやして、守り、安心を手に入れるには、 預金、保険、銀行、投資…お金をふやすには、どうつきあうのが正解?

    本を購入する
    ダイヤモンド社の電子書籍

    (POSデータ調べ、8/6~8/12)



    渡辺啓太(わたなべ・けいた) 

    全日本女子バレーボールチーム情報戦略担当(チーフアナリスト)。 1983年、東京都生まれ。筑波大学人間総合科学研究科修了。専修大学バレーボール部時代に独学でアナリスト活動を開始。2004年に全日本女子バレーボールチームに初招集。2006年、日本バレーボール界初のナショナルチーム専属アナリストに抜擢され、全日本女子バレーボールチームの強化とアナリスト育成事業に貢献。2008年には日本選手団の最年少役員として北京五輪を経験する等、数多くの国際大会において日本の情報戦略活動を担う。 2009年からは眞鍋政義新監督のもと、引き続き全日本女子バレーボールチームのアナリストに就任。2010年には32年ぶりとなる世界選手権でのメダル獲得に貢献、2012年ロンドン五輪では28年ぶりとなる銅メダル獲得を果たした。日本オリンピック委員会強化スタッフ(情報)、日本バレーボール協会女子強化委員会主事、科学研究委員会情報戦略班員、専修大学非常勤講師。


    データを武器にする

    統計学やビッグデータの有用性が注目される今、実際にデータをどう現場で活かすべきか、多くのビジネスパーソンが悩みを抱えている。
    この連載では、全日本女子バレーボールチームの情報戦略担当アナリストによる、勝つためのデータ活用法を紹介。時にはアナログな手法も使いながら、チームにデータを浸透させ、データを「武器化」して勝利をつかむ。その具体的アイデアを伝授。

    「データを武器にする」

    ⇒バックナンバー一覧