ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
部下に悩む 上司のための心理学
【第3回】 2009年5月26日
著者・コラム紹介バックナンバー
衛藤信之 [心理カウンセラー]

マニュアル型部下は上司のせい?
部下を押さえ込む3つの要因

1
nextpage

部下の才能を潰していないか?

 「最近の社員は個性がなくなりましたな。困ったことに言われたことしかできないマニュアル型社員がどんどん増えているんですよ」

 私がクライアント企業を訪れると、聴こえてくるのは部下に対する不満の声ばかりです。

 しかし、従業員の労働心理を研究したヴァン・ファンジェは、『創造性の開発』という著書の中で次のように述べています。

 「人間には、もともと創造性が備わっている。それが十分に開発できないのは、何らかの障害で創造性が押さえ込まれているからだ。その障害を取り除けば、創造性はおのずと発揮される」

 誰もが本来持っている「創造性」という力が、私たちの社会に進歩をもたらし、企業が発展するための原動力となっています。そして、一人ひとりの創造性の違いが、その人の「個性」をつくり上げていきます。健全な環境の下では、個性豊かで、創造性に富んだ人間が育っていくというのがファンジェの主張です。

 ところが、なぜ多くの上司はマニュアル型社員が増えていると感じるのでしょうか。ファンジェの言葉を借りれば、いま企業では社員の「創造性」を押さえ込む何らかの「障害」が発生しているようです。社員の創造性を、何かがむしばんでいるのです。

 それは、果たして何なのでしょうか?

 ファンジェは、この「障害」について、大きく三つの要因が考えられると言っています。

(1)権威による圧力
(2)劣等感
(3)しらけ

 立場が上の人間からの、権威による圧力。

 「いいから俺の言う通りにやれよ。地方に飛ばすぞ」

 劣等感を植え付けるような評価。

 「おまえは本当にダメなやつだな。いつまでたっても、できないじゃないか」

 やる気を削ぐような、無責任な発言。

 「無駄無駄。いくら頑張ったって、どうせ何も変わらないよ」

 そんな言葉が、個性豊かな社員を押さえつけています。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
自分の時間を取り戻そう

自分の時間を取り戻そう

ちきりん 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
生産性は、論理的思考と同じように、単なるスキルに止まらず価値観や判断軸ともなる重要なもの。しかし日本のホワイトカラー業務では無視され続け、それが意味のない長時間労働と日本経済低迷の一因となっています。そうした状況を打開するため、超人気ブロガーが生産性の重要性と上げ方を多数の事例とともに解説します。

本を購入する
著者セミナー・予定
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


衛藤信之 [心理カウンセラー]

日本メンタルヘルス協会代表。心理学の学派や権威にとらわれずに、難しい理論を面白おかしく説明できる逸材として、語りでは吉本風心理学の異名をとる。心理カウンセラーのなかでは顧問企業数はトップクラス。講演や研修を行うかたわら、全国で心理学のゼミナールを開催。著書に『心時代の夜明け』(PHP研究所)などがある。


部下に悩む 上司のための心理学

権威をふりかざしたリーダーシップではいつまでたっても部下は思い通りにならない。人間心理を踏まえた部下とのコミュニケーション術や魅力あるリーダーになる方法を紹介する。

「部下に悩む 上司のための心理学」

⇒バックナンバー一覧