ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
2010年代の投資テーマを考える
2013年11月18日
著者・コラム紹介バックナンバー
藤田勉 [シティグループ証券株式会社取締役副会長]

ドル資産投資は多様化している!
世界のマネーはますます米国に向かう

1
nextpage

2010年代の最大の投資テーマは、米国・ドルの復活である。リーマン・ショック後の長く深い世界不況を脱した後、世界のマネーは、最大の金融市場である米国に向かいつつある。結果として、米国の株式などの証券は、世界の中でも圧倒的に高い収益をあげようとしている。

 過去、10年に一度の頻度で大きな投資テーマが到来してきた。1980年代は日本のバブル、1990年代はIT革命、2000年代はBRICsが、グローバル金融市場を牽引するテーマであった。

 そして、2010年代の投資には、3つの大きなテーマがある。それは、グレート・ローテーション(債券から株式への大転換)、シェール革命、アベノミクスである。2010年代に、これらの3大テーマは、われわれの投資に大きな影響を与えるだろう。

世界をけん引する米国株式

 米国の株式市場は、世界でも図抜けて大きい。世界の時価総額の45%(2012年末)を占め、2位日本、3位英国(いずれも約8%)を大きく凌ぐ。そして、米国株は大きく上昇している。2008年以降の安値、つまりリーマン・ショック後の安値から2013年8月末までの上昇率は、米国が177%と、新興国130%、欧州114%、日本76%を圧倒している。その理由として、米国企業の国際競争力が強いことが挙げられる。

 アップル、グーグル、ファイザー、IBMなどハイテク企業が、世界の株価上昇を大きく牽引してきた。これは、米国企業が、新興国を含む世界全体の経済成長の恩恵を受けていることを示す。つまり、米国株に投資するということは、米国経済ではなく、あくまでも、米国企業に投資することを意味する。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
  • ドル資産投資は多様化している!世界のマネーはますます米国に向かう (2013.11.18)
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
いまの科学で「絶対にいい!」と断言できる 最高の子育てベスト55

いまの科学で「絶対にいい!」と断言できる 最高の子育てベスト55

トレーシー・カチロー 著/鹿田 昌美 訳

定価(税込):本体1,600円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
子どもの豊かな心を育て、頭と体を伸ばしていくために親が知っておきたいことについて、最新の科学研究をもとに「最も信頼」できて「最も実行しやすい」アドバイスだけを厳選して詰め込んだ貴重な本。子にかけるべき言葉、睡眠、トイレトレーニング、遊び、しつけまで、これ一冊さえ持っていれば大丈夫という決定版の1冊!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


藤田勉 [シティグループ証券株式会社取締役副会長]

シティグループ証券株式会社取締役副会長。北京大学日本研究センター特約研究員。慶應義塾大学グローバルセキュリティ研究所客員研究員。慶應義塾大学「グローバル金融市場論」講師。2006~2010年日経アナリストランキング日本株ストラテジスト部門5年連続1位。内閣官房経済部市場動向研究会委員、経済産業省企業価値研究会委員、環境省環境金融行動原則起草委員会委員、早稲田大学商学部講師、第20回日本証券アナリスト大会実行委員会委員長などを歴任。米国公認証券アナリスト、ニューヨーク証券アナリスト協会レギュラー会員。著書多数。


2010年代の投資テーマを考える

2010年代の最大の投資テーマは、米国・ドルの復活である。それをさらに紐解くと、グレート・ローテーション(債券から株式への大転換)、シェール革命、アベノミクスという3つに分解され、今後のわれわれの投資に大きな影響を与えそうだ。リーマン・ショック後の長く深い世界不況を出した後、世界のマネーは最大の金融市場である米国に向かいつつある

「2010年代の投資テーマを考える」

⇒バックナンバー一覧