ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
定年前にたそがれない!50代からの人生リセット術 野田稔

幸せになれない会社人間、幸せになる社会人材の違い

野田 稔 [一般社団法人 社会人材学舎 代表理事]
【第3回】 2013年11月25日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

自ら「社畜」になろうとしていないか

 私は数年前に、リクルートワークス研究所と共同で「自己信頼」の研究を行った。研究所主催のシンポジウムで話し合い、企業インタビューを重ね、自己信頼の構造を分析していった。

 研究の結果、自己信頼を形成するには、3つの要素が必要であるとわかった。

 1つ目は自己の能力に対する自信。これを得るには修羅場体験が必要だ。ある修羅場をなんとか潜り抜けたという経験が、自己の能力に対する自信となって、次の修羅場でもきっと何とかなるだろうと思えるようになる。

 2つ目が人脈である。その修羅場体験でもいいのだが、自分が心底辛かったときに、誰かが救いの手を差し伸べてくれた。その経験から、多分、次にそういうことになっても、きっと誰かに手を差し伸べてもらえるだろうという人脈に対する自信が備わる。

 最後が希望。「私はこうなりたい」「絶対こうなる」という強い意志が、人間を強くする。

 そこで現状のビジネスパーソンを眺めてみると、残念ながら多くはこれらの要素が欠けているように思える。

前回も述べたように、昔は、次々と新しい課題が提供されて、それを解いて目標に到達することを求められた。そうした状況こそが、必然的に、多くのビジネスパーソンに修羅場体験を強いたのだ。ビジネスパーソン個人にしてみれば、修羅場体験の連続をなんとかこなしていかなければならなかったわけで、必然的に、どんな状況でも「何とかなる」という自信がついたものだ。ところが昨今は、そうした修羅場はそう多くない。だから、それこそ今帰属している組織が守ってくれない場所で修羅場を経験するだけの自信がないのも当然かもしれない。

 人脈力がさらに困りものだ。いわば日本人ビジネスパーソンの特徴といってもいいことなのだが、結局は会社関係の人脈しかないという人が多い。その代わり、会社の中の人脈は驚くほどに稠密だ。それ以外は、それこそ高校や大学時代の友人、数人の竹馬の友だけということも少なくない。地域にも知り合いはほとんどいない。会社内の人脈しかないとすれば、やっぱり、外に出られる自信は持ちえない。

 そこまで、自分を会社という器に過剰適応させていてはいけないと、素直に思う。

 社畜といった蔑称や、「会社はサラリーマンを飼い殺す」という言い方は、事実ではあるのだろうが、マスコミの好む一方的な表現だろう。私には、本人たちの心のどこかに、飼い殺されていたほうが楽だという、自分の人生に対する怠惰があるように思えてならない。私もかつてそうだったから、よくわかる。ただ、ここまでにも説明してきたように、その怠惰の先には断崖絶壁が待ち構えているのだから、もうここらで怠惰な状態からは卒業したほうがいい。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

野田 稔 [一般社団法人 社会人材学舎 代表理事]

明治大学専門職大学院グローバル・ビジネス研究科教授/株式会社リクルートホールディングス リクルートワークス研究所 特任研究顧問。野村総合研究所、リクルート社新規事業担当フェロー、多摩大学教授を経て現職に至る。日本テレビ系列「ズームインスーパー」、NHK総合「経済ワイドビジョンe」「Bizスポワイド」、NHKEテレ「仕事学のすすめ」などメディアでも活躍。主な著書に『組織論再入門』『中堅崩壊』(以上ダイヤモンド社)、『二流を超一流に変える「心」の燃やし方』(フォレスト出版)『企業危機の法則』(角川書店)など多数。


定年前にたそがれない!50代からの人生リセット術 野田稔

大企業の中に、500万人近くいると推計される雇用保蔵者。役職定年者を中心に、もし自分が雇用保蔵人材と認定されているとしたら、どのように自らのキャリアを考え、建て直していくべきなのか。50歳で人生を黄昏(たそがれ)にしないためのマインドセットと自分を変えるための方法論とは……?

「定年前にたそがれない!50代からの人生リセット術 野田稔」

⇒バックナンバー一覧